初心者必見!DIYとは?DIYの基礎知識

DIYの魅力や人気の理由、初心者でも失敗しないDIYのコツをご紹介します。

DIYの魅力

DIY

部屋の大きさや形に合わせて、好みの色やデザインの棚やテーブルなどを作ることができます。
既製品よりも材料費が安くすみ、お得に使うことができます。
究極のオーダーメイドです。
作ることが楽しく、趣味としてDIYをしている人も多いです。
何度でも作り直すことができ、引っ越しや家族構成に合わせて製作し直すことができます。
リメイクなどで部屋のイメージを変えることも簡単です。

DIYが人気の理由

DIY

テレビや雑誌で取り上げられることが多くなり、注目を集め始めました。
それも、タレントさんや一般の方のSNSなどがきっかけでもあります。
DIYが注目を集め始めてから、100円ショップやホームセンターなどにDIYのコーナーが設けられるようになりました。
初心者でも始めやすい環境が整っています。
安く材料や道具が手に入り、初心者向きの簡単なものが多く揃っています。
DIYは難しい専門知識や工具の使い方がわからなくても身近なものを使って始めることができるため、手をつけやすいです。

初心者でも失敗しないDIYのコツ

①簡単な作品から製作すること

DIY

まずは小さなもの、簡単にできるものから慣れていきましょう。
木材は購入時に切ってもらうことも簡単にできる秘訣です。
電動ドライバーなど比較的使いやすい工具はどんどん活用して、ねじ打ちを楽にしましょう。

②基本の作業工程を知ること

DIY

DIYの作業工程の基本は、1.木材に色を塗ります。
その後に2.各木材をねじなどは使わず、仮置きしましょう。ここで組み立ての手順やサイズが合っているかなどを確認します。
3.最後に木ねじを打ち込み組み立て完成です。

失敗しても何度でもやり直すことができます。
楽しみながら失敗を恐れずにチャレンジしましょう。

③メジャーを使って正確に測定する

DIY

正確にサイズを量ることが最も重要です。
サイズを間違えてしまうと木材など購入するときや木材など組み立てるときに問題が発生してしまいます。
メジャーでサイズを測るときは、メジャーが緩まないようにピンと張って、測定する壁などに当てましょう。
メジャーは折れ曲がりにくい金属製のものがおすすめです。

④部屋にぴったりのカラー

DIY

白や茶色など部屋に合わせやすい色を使うと失敗しにくいです。
ペイント剤の選び方として、水回りや外で使用するものは、水性のペイントがおすすめです。

④木材選び方

DIY

初めて木材を選ぶときは、やわらかめで、節目の少ない木材を選びましょう。

DIYに向いている木材
SPF材、杉材など
※SPF材とは・・・スプールス(トウヒ)、パイン(松)、ファー(モミ)の頭文字をとったものです。

DIYに不向きな木材
ケヤキなど(硬い木材)、節目が多い木材、反りや曲がりがある木材