diy

DIY

人気がありすぎて100均の店頭から消え、売り切れ状態になり入荷待ちが続く事態となった「リメイクシート」。人気商品であることを察知した100均の店舗では、十分な商品の補充がされるようになり手に入りやすくなった今こそ「リメイクシート」を使って壁をDIYしてみてはいかがでしょうか。

「リメイクシート」とは?

「リメイクシート」とは、弱い粘着シールタイプになっているので、剥離紙をはがすだけで手軽に貼ってDIYを楽しむことができるアイテムです。100均で購入することもできるのでリーズナブルなのも嬉しいですね。また、貼るのもはがすのも簡単というメリットで大人気です。小物や家具のDIYリメイクに使用したり、壁などの広い面積に貼る際は、数枚のリメイクシートをつなげて貼っていくことができます。木目調やレンガ柄などの柄物のリメイクシートを数枚をつなげて貼り合わせる際は、壁紙同様に柄合わせが必要になります。そのため、リメイクシートの必要量を計算する際にすこし多めに見積もり、購入するようにしましょう。

一番人気はレンガ柄のリメイクシート

100均にもいろいろな柄のリメイクシートがありますが、中でも一番人気はレンガ柄のリメイクシートです。シンプルな壁に貼ることでアクセントウォールの役割になったり、カフェ風な空間づくりにもってこいの柄です。また、近頃人気のブルックリンカフェのインテリアテイストとの相性も良く、レンガの柄が立体的なので、空間に動きがでることも人気の理由の1つと言えます。リビングの壁に腰高の位置までレンガ柄のリメイクシートを貼って、腰壁風にDIYされているかたも多くいらっしゃいます。小さなお子様がいるご家庭では、腰高の位置までリメイクシートを貼ることで、落書きなどの汚れ防止の対策にもなりますね。また、雑然としてしまいがちなトイレやキッチンなどの空間にもレンガ柄のリメイクシートを貼ることでナチュラルな空間にできるのでおすすめです。その上、狭い範囲の壁に貼ることは、リメイクシートを貼る練習にもなりますよ。広い面積に貼る際に必要となるレンガ柄の柄合わせが難しいと感じる方は、柄の一部分を切り取って部分的に貼っていく方法がおすすめです。この方法なら柄合わせが不要になる上に、広い面積でもリメイクシートの必要量が少なくてすみ、コストを抑えることもできます。しかも、ステッカー感覚で貼ることができシワが入るなどの失敗のリスクも最小限に減らすことができます。これらの理由からわかるように、一番人気はレンガ柄のリメイクシートになります。

まとめ

今回は、売り切れ続出になるほど大人気の「リメイクシート」を使った壁のDIYをご紹介しましたが、いかがでしたか?壁のDIYと聞くと壁紙を思い浮かべる方が多いと思いますが、「リメイクシート」を使うことでもっと簡単にそして手軽にお部屋の雰囲気をチェンジすることが可能ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。しかも100均を活用することで、リーズナブルにDIYを実行することができます。ぜひ、この機会に壁のDIYに「リメイクシート」を活用してみてはいかがでしょうか。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
diy口コミ
1.スペシャリストを目指したい人へ 趣味の範囲で考えておられた方が、退職後にカフェをオープンしたいという方が、口コミを寄せられています。...
diy
日曜大工人気
古くなって傷が目立ってきてテーブルや使わなくなったテーブルが、どこの家でも一つはあると思います。また、そのテーブルが、もう少し高さがあればと...