diy

DIY

インパクトドライバーとは

インパクトドライバーは、回転だけではなく打撃を加えてより強力にネジ締めなどができるものです。回転するだけのドリルドライバーに比べてパワーが強く、本格的なDIYには必須のアイテムとなっており、プロに引けを取らない技も可能です。ドリルドライバーが短いネジを締めたり、柔らかい素材、組み立て家具に向いているのに対し、インパクトドライバーは長いネジ、堅い素材、大型家具に向いています。すなわちドリルドライバーが繊細な作業向きで、インパクトドライバーがパワフルな作業向きなわけです。

インパクトドライバーで出来る作業は、①ネジ締め、②穴あけ、③ボルト締めがあります。①はドライバビットを装着して作業します。ドライバビットにはプラス、マイナスや六角、四角のビット、また様々な大きさのものがあります。②はドリルビットを装着して作業します。ドリルビットには金属用・木工用などがあります。③はボックスレンチビットを装着して作業します。締付トルクの調節機能がありませんので、ボルトの締めすぎに注意する必要があります。
インパクトドライバーの電源には、コード式と充電式があります。コード式のほうが連続で使うハードな作業に向いていますが、現在では使いやすい充電式が主流となっています。

インパクトドライバーの締め付けのパワーは、N.m(ニュートン・メートル)で示されます。一般的に130N.m以上あれば、本格的な日曜大工作業でも問題ないとされます。

インパクトドライバーを使うには、先端部分を引っ張った状態でビットを差し込みます。先端部分を離すとロックがかかって固定され、使用可能となります。

おすすめインパクトドライバー

■マキタ「TD170DRGX」

全長は117mm、重量1400g、最大締め付けトルクは175N.m。作業モードは①弱モード②中モード③強モード④最速モード⑤テクスモード⑥楽らくモードの6つのモードが選択可能です。注目は⑥楽らくモードで、締め始めはゆっくり、その後は自動で最高速と熟練の技をワンタッチで行えます。バッテリは18V-6.0Ahの大容量で、残容量表示もあります。充電時間は55分。

■日立「FWH14DGL」

全長は166mm、重量1300g、最大締め付けトルクは140N.m。軽量コンパクトボディで適度なパワーを備えており、お手頃な価格となっています。バッテリは14.4Vで、1.3~5.0Ahの電池を選べます。充電時間は35分。

■マキタ「M697DSX」

全長は150mm、重量1200g、最大締め付けトルクは140N.m。軽量コンパクトながらパワフルで扱いやすく、お手頃な価格となっており、コストパフォーマンスがいいと評判です。バッテリは14.4V-1.3Ah。充電時間は30分。

まとめ

今回は、インパクトドライバーについてご紹介しましたが、いかがでしたか? インパクトドライバーになじみのない方も、試してみようと思っていただけたのではないでしょうか。インパクトドライバーには高価なものからお手頃なものまで様々な価格帯のものがありますが、いずれにしても便利な道具があれば作業もはかどり、DIYも楽しくなりますよね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工人気
猫を買っている人なら誰もが知っている猫タワー。猫の運動にもなるし、お部屋に1つは欲しいところ。実はこの猫タワー、工夫次第で100均の商品を使...
diy
日曜大工人気
目次1 基礎作り2 重機や道具のレンタル料金の例3 まとめ 基礎作り 小屋建設にとって基礎工事は、その名の通り欠かせないものです。しっかり工...
diy
日曜大工人気
狭くて収納が置けない場所に、収納を作るのには壁を利用すると棚が作れます。棚は空いているスペースが多くあるので、この場所を使わない手はありませ...