diy

DIY

棚は欲しいけど、お金はかけたくない。木を切ったりするのは面倒だという人には、すのこを使って簡単に棚を作る方法がお勧めです。すのこのDIYは安い、簡単で実践されている方が多くいます。100円ショップのすのこを使ってDIYされている方が殆どです。すのこは、下駄の部分があるので、合わせやすく組み立てやすく、初めての人でも簡単に作れてしまいます。何よりも釘を使わなくても作れるのいうのが、初心者には嬉しいポイントです。そんな、すのこを使って棚を作るときの活用の仕方やアイデアを今からご紹介させて頂きます。

すのこを使って簡単に棚を作る方法

すのこを使った棚の活用例

すのこは100円ショップセリアのすのこを使います。一番簡単な棚で、4枚でできてしまいます。側板2枚と底板と棚板です。それぞれ結束バンドで固定します。軽いものを置くだけなら木工用ボンドでも大丈夫です。高くしたい場合は、2個つなげて固定します。引き出し付きの棚を作りたいときは、100円ショップの木の箱を使って、両サイドをすのこで固定します。レールを付けて箱を入れると引き出し付きの棚が作れます。すのこの裏の下駄の部分は、雑誌などを置く幅に丁度いい幅になっています。すのこを壁に立てかけて、マガジンラックとして活用できます。雑誌が落ちないように、角材で固定していきます。

すのこと他の材料の組み合わせ

すのこだけでなく、他の材料と組み合わせるといろいろな棚が作れます。棚受け金具を固定して、すのこを棚板として使う方法、逆に棚板以外はすのこを使って、間に突っ張り棒を2本通して、プラスチックのかごを載せて使うとおもちゃの収納に便利です。下にキャスターを付けると動かせて片付けるときにも使い易いですね。側板の代わりにレンガを積んで、上にすのこを載せても棚になります。横幅や棚の高さは、レンガで簡単に調節できます。角材で外枠を組んで、棚板だけすのこを使うと、棚板を切る手間が省けます。日本では、市販されていませんが、海外で使われているのがパレットを使ったDIYです。すのこを正方形にして、大型にしたもので、荷物の運搬の時に使われるものです。日本では、ネットで購入できるそうです。某テレビ番組でヒロミがDIYに使っていました。2.3段重ねてベッドや、ソファの土台としてDIYされています。重たいものを載せたい時は、パレットやホームセンターですのこを購入すると大きいサイズもあるので、そちらで棚を作るとテレビも載せられます。

まとめ

すのこは1枚100円、使っても5枚あれば作れてしまうので安いのが魅力です。易いので汚れてもいいし、取り敢えず棚が欲しいときには、安くて簡単に作れるのでどこにでも置けるので嬉しいですね。高い家具には、傷をつけられたり、汚されたりすると嫌になりますが、すのこは100円なので、玄関やトイレなどにでも置くことができます。もちろん、ベランダやガーデニングの花台としても使えます。すのこの上に布を敷いて、ハンマーで軽くたたくとバラバラになるので、幅を調節して作れます。リビングや部屋に置くときは、塗装やワックスを塗るだけで、すのこには見えない棚に変わります。白や水色などで塗るといいですね。すのこで扉も作れるので、中身が見られたくないときは扉を付けてください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
手作り
日曜大工人気
今世間で、ブームになっているエコ。特に電気をかしこく使おうという意識が年々強くなっています。そんなエコを100均商品を使ったDIYで実現でき...
ペンチ
日曜大工人気
お部屋の1角やちょっとしたところを仕切りたいときに便利なのが衝立。既製のものを買っても、部屋のスペースと合わない! 仕切りたいところにピッタ...
diy
日曜大工人気
目次1 ウッドボックスを使う2 アイロンビーズを使う3 ペットボトルを使う4 まとめ ウッドボックスを使う 100均で売っているウッドボック...