diy

DIY

あなたは、「DIYでテーブルを作ってみよう!」と思ったときに、まずどのような作業から始めますか?いきなり材料のカットから始めるという方、ちょっと待って下さい。DIYでテーブルを作る際に最初に必要となるのは、これからDIYするテーブルの設計図ですよね。テーブルだけではなく、DIYする際にイメージ通りにDIYを完成させるには、設計図はなくてはならないものと言えます。とは言っても、「設計図なんて書いたことがないし、設計図の書き方なんてわからない!」という方も多いはず。そこで今回は、オリジナルのテーブルをDIYするために必要な設計図の書き方についてご紹介したいと思います。

完成形をイメージして書く!

「設計図を書く」と聞くと、とても難しく聞こえますが、プロが書くような難しい設計図は必要ではなく、テーブルの完成形をイメージして書けばそれで大丈夫です。設計図に記入しておく必要のある最低限の内容は、どのくらいのサイズのテーブルにしたいかなどがわかるように、奥行や高さなどのサイズを記入したり、どのようなデザインのテーブルにするのかが分かるように示しておくことです。また、どの部分にどの材料を使うかなども記入しておくと、作業が効率的にスムーズに進みます。また、天板や脚もDIYしようとお考えであれば、横からの設計図だけでなく、天板だけの設計図や脚の設計図もそれぞれ書くことがおすすめです。その際は、パーツごとに紙を分けて書くとわかりやすくなります。また、全体図とパーツの設計図は、大きさを揃えて書くと見やすい設計図が完成します。

パソコンで設計図を書くこともできます!

Windowsの「excel」やMacの「numbers」という表計算ソフトを使うことで、パソコンで設計図を書くこともできます。これらのソフトは使い慣れている方も多く、チャレンジしやすいのではないでしょうか。また、専用のパソコンソフトを使って設計図を書くこともできます。設計用ソフトとして有名なソフトにCAD(キャド)と呼ばれるソフトがあります。これは建築会社や設計事務所で使われているソフトで、数万円から数百万円します。とても高価なソフトなので、簡単に購入することは難しいですよね。そこで、使える機能が限られてはいますが、無料で提供されているソフトもありますので、それを利用して設計図をパソコンで書いてみても良いですね。パソコンソフトを使って書いた設計図は、本格的で複雑なデザインのテーブルの設計図も簡単に書くことができます。

まとめ

今回は、オリジナルのテーブルをDIYするために必要な設計図の書き方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?これを機会に「DIYでテーブルを作ってみよう!」と決めたら、材料のカットから始めるのではなく、まずは設計図を書くことから始めてみましょう。設計図を書くことで、テーブルの完成度も目に見えて違ってきますし、DIYで一番気分が沈んでしまうミスも減らすことができます。「設計図なんて難しそうでイヤだし面倒なだけ!」と思わずに、ぜひDIYの作業の始まりは、まず設計図を書くことから始めてることをおすすめします。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
DIYでよく使われるのが木材です。いろいろな収納や家具のDIY、床やガーデニングのDIYには欠かせないものです。木材の種類には無垢材と言われ...
diy
日曜大工人気
人気がありすぎて100均の店頭から消え、売り切れ状態になり入荷待ちが続く事態となった「リメイクシート」。人気商品であることを察知した100均...