diy

DIY

モザイクタイルとは?

モザイクタイルとは、タイル1枚の表面積が50平方センチメートル以下のタイルのことを指します。モザイクタイルには、①表面を紙貼りしてユニット化しているもの、②裏面をネット張りしてユニット化しているもの、③バラになっているものがあります。①はタイル表面を水溶性の紙でのり付けしユニット化しているもので、タイルを貼った後に水で紙を濡らすと簡単に剥がすことができます。②は裏面にネットを張っていますが、そのまま貼り込むことができます。

モザイクタイルを貼るのに必要なものは、①タイル用接着剤、②マスキングテープ、③クシ目ゴテ、④目地材、⑤タッパーあるいはバケツ、⑥スポンジ、⑦ゴムヘラです。

下準備として、貼りたい範囲に合わせてタイルのネットを切ります。ネットはハサミで簡単に切ることができます。ユニットの配色に注意しつつカットしていきましょう。1枚のタイルでは大きい場合はタイルをタイルカッターやニッパーなどでカットする必要があります。またマスキングテープを貼り、施行箇所以外に接着剤がつかないようにしておきます。次に接着剤を塗布し、クシ目ゴテを使って均一にならします。細かい部分にも注意して接着剤が行きわたるようにします。広い面積にタイルを貼る場合、接着剤が乾いてしまわないように、一気に全面を塗らず、何度かに塗り分けるといいでしょう。そしてタイルを貼っていきます。タイルの四隅を圧着させます。タイルが動かなくなるまで充分乾燥させます。1日くらい時間をみたほうがいいでしょう。仕上げに目地材をつくります。タッパーあるいはバケツに目地材と水を入れ、よく混ぜ合わせます。そしてゴムヘラでよくこねます。次にタイルの目地に目地材を押し込むようにして塗り込んでいきます。目地材を塗り終ったら、スポンジで余分な目地材を拭き取ります。マスキングテープをはがし、タイル表面をきれいに拭いて完成です。

お手軽なタイルシート

以上は普通のタイルの貼り方ですが、タイルシートを貼るというのもアリです。タイルシートを使えば、作業による汚れなどを気にせず、お手軽にタイルの雰囲気を出すことができます。タイルシートの貼り方は簡単で裏紙を剥がして、軽く押しつけるだけで簡単に貼ることができます。一回貼っても剥がしてもう一度貼り直しができるものもありますので、DIY初心者の方にとってもとても扱いやすいです。目地に注意しながら方向を間違わないように貼っていきましょう。またシートとシートの間も上手く貼れば、つなぎ目がわからないようにすることができます。必要に応じてシートをカッターなどで切って長さを調節しましょう。シートによっては、仕上げに目地シールを目次の部分に埋め込んで完成です。

まとめ

今回は、キッチンにモザイクタイルを貼る方法をご紹介しましたが、いかがでしたか? モザイクタイルを貼ることに難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。備え付けのキッチンでは味気ないところがありますよね。自分でタイル張りをすれば満足感のあるものが出来上がるでしょう。あるいはタイルシートを使っても手軽にデコレーションでき、キッチンの雰囲気を変えることができます。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
キッチンは鍋やフライパン、鍋のふた、タッパー類、調味料など細かいものが多く散らばりがちな場所です。特に賃貸やマンションでは収納も少なく、置け...
diy
日曜大工人気
目次1 花壇の作り方2 レンガの敷き方3 おすすめのレンガ4 まとめ 花壇の作り方 家の壁や塀を利用したり、庭の隅、玄関などに作っていきます...