diy

DIY

キッチンの収納は意外と不便なことが多いものです。欲しい所に収納がなかったり、高さが合わずにあまり使わかったりすることもあります。そのため、普段使う調味料や鍋が納まりきらずに乱雑になってしまいます。シンクの下も、結構つかいにくいですよね。鍋やタッパー類などを片付ける場所があればと思ってしまいます。キッチンで棚が欲しい場所はシンクやガスレンジ回り、シンクの下、他には開いている壁に棚が付けることが出来たら嬉しいですよね。そこで欲しい場所に棚を作る方法をご紹介します。

キッチンに欲しかった棚を作る方法

シンクやガスレンジの周り

カウンターキッチンの場合は、カウンターの上に棚を作ってしまいましょう。ここでもすのこで簡単に作って、置けば調味料など置くことができます。ディアウオールを使って、本格的に棚を作ることもできます。レンガを置いて、上に天板を置けば、カントリーなカフェみたいな棚ができます。ガスレンジの横は火を使うので、耐火性のあるレンガを積んで、その上を棚としておくこともできます。レンガはホームセンターで売っています。シンクの下に棚を作る道具も売られていますけど、結構なお値段がします。そういう時は100円ショップで突っ張り棒を買ってきて、2本突っ張らせて、上に網やすのこを載せれば上下で使うことができます。小物はすのこで小さい棚を作って、プラスチックケースを置いて収納すると便利です。ハンギングネットを付けて、専用のかごを付けると調味料ラックになります。ハンギングネットのスタンドも100円ショップで売られています。安定性は不安なので、下に調味料を置いて、上は軽いものを掛けるようにして使えば十分使えます。冷蔵庫の横の隙間は、すのこにキャスターを付けて、裏の部分を収納棚として使えます。落ちないようにゴムを通します。袋物の収納に使えます。

壁に棚を作る

壁に付ける方法はいろいろあります。棚受けを利用する方法、壁掛け収納を棚をDIYする方法、ディアウオールを活用する方法です。壁に釘が打てれば、棚受けを固定すれば、簡単に棚が作れます。開いている場所に作れるので簡単です。四角の枠組みを作って、壁に固定しても棚になります。釘が打てないときは、すのこを壁に両面テープで貼って、その上にプラスチックボックスやウッドボックスを固定して棚にします。重たいものは置けませんが、細かいものを収納するのには便利です。ディアウオールを利用すれば、木材を立てることができるので、その木材に棚板を固定すれば、棚を作ることができます。DIYした棚は、色を塗るとオシャレになります。扉を付けると中身も見えなくなります。扉の枠はフォトフレームを利用すると便利です。両面テープで固定するときは、下にマスキングテープを貼ってから固定するときれいにはがれます。

まとめ

キッチンでの作業効率が悪いと、料理を作るのも時間がかかってしまい楽しくありません。使い易い場所に収納棚があると動線も少なくなるので時短にもなります。台所を快適にして楽しく家事をしましょう。カウンター上もカフェ風に棚を作れば、100円ショップの瓶を利用して見せる収納にすれば、完璧ですね。是非DIYしてみてください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
古くなって傷が目立ってきてテーブルや使わなくなったテーブルが、どこの家でも一つはあると思います。また、そのテーブルが、もう少し高さがあればと...