diy

DIY

壁から壁にパイプを渡す場合

クローゼットの寸法を測り、石膏ボード壁の場合は、左右の壁の適切な位置にボードアンカーを取り付けます。そしてハンガーパイプを受ける「ブラケット」を取り付けます。壁から壁の長さに合わせてハンガーパイプをカットします。壁から壁の実際の長さより5ミリ~10ミリ短くしたほうが取り付けやすいでしょう。ハンガーパイプの寸断位置をマーキングし、パイプカッターを回して切断します。あるいはホームセンターでもカットしてもらえます。ブラケットへハンガーパイプを載せ、エンドキャップをしめて完成です。

クローゼットの高さに余裕がある場合は、ハンガーパイプを2段にする手もあります。特に服をたたむのがあまり好きではないという方におススメの方法です。2段にする場合、服が床に擦れたり、別の服と重なったりしないように注意する必要があります。コートなど長い服が掛けられないという問題もあります。また上の段に余裕を持たせ過ぎても、洋服を取る際に大変になりますから、そのバランスを上手く調整することが必要でしょう。

枕棚からパイプを吊り下げる場合

棚板からパイプを吊り下げる場合は、F型ブラケットを使用します。全長が90ミリの一般的なF型ブラケットではパイプ上部のすき間がギリギリになってしまい、ハンガーをかけられませんので、150ミリの首長なF型ブラケットを入手する必要があります。両端には片側がふさがれた「止まり」、途中にはパイプが貫通する「通し」と呼ばれるタイプのものが必要です。「通し」はパイプ90センチに1つが目安です。パイプは棚板の両端までの長さより約10ミリほど短くします。

棚板にF型ブランケットを取り付けるには、壁ギリギリのところで作業する必要がありますので、コンパクトな電動ドライバーがあれば便利です。まず「止まり」を仮止めし、「通し」を止めて、最後に本止めします。

■おすすめ:水上金属 F型ブラケット150

木ネジ付きの全長が150ミリのF型ブランケットです。パイプの太さ25ミリと32ミリ用の二つがあります。どちらも「止まり」と「通し」があります。

つっぱり棒支えポール

パイプに衣類を掛け過ぎてハンガーパイプの落下が心配、あるいは実際に落下してしまうということはよくありますよね。それを防止するのが、つっぱり棒支えポールです。つっぱり棒支えポールは下からハンガーパイプを支えます。通常は1本で支え、ハンガーパイプが2メートル以上になるときは、2本で支えます。平安伸銅工業のつっぱり棒支えポールは、高さ69センチ~115センチ、パイプの直径16ミリ~30ミリに対応のものと、高さ110センチ~190センチ、パイプの直径25ミリ~34ミリに対応のものがあります。

まとめ

今回は、クローゼットにハンガーパイプを取り付ける方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? パイプハンガーの取り付けに難しいイメージを抱いていた方もチャレンジしてみようと思われたのではないでしょうか。確かに棚板からパイプを吊り下げる方法は、作業が大変で難易度が高いですが、DIY初心者の方はやりやすい壁から壁にパイプを渡す方法から取り組んでいただければと思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
DIYでは、木材や塗料、コンクリートなどの材料や、のこぎり、きり、ハンマーといった道具などをそろえる必要があります。では、DIYをするための...