diy

DIY

リキッドグリッターケース

iPhoneの透明ケースを用意します。ケースに合わせてクリアシートをカットし、シーラーで3辺を密封し袋状にします。そして中にラメグリッターを入れていきます。ラメの取り扱いには十分注意しましょう。中に水を入れ、空気を抜きます。最後の1辺をシールします。4辺にマスキングテープを貼って装飾し、透明ケースの中に置いて完成です。

■おすすめ:Labbing store インパルスシーラー

ビニールの材質や厚さに合わせてタイマーをセットし、レバーを下げるだけで密封することができます。レバーを下げると、電力が入るインパルス式です。サイズは長さ32センチ×幅7.5センチ×高さ14.5センチ、接着寸法は幅2.5ミリ×長さ200ミリ、厚さは0.01~0.6mmまで対応します。交換用ヒーター線2本、交換用テフロンテープ2本が付属しています。

■おすすめ:レーヌ森ブレンドグリッター

7~18種類のラメをブレンドしたグリッターです。大容量8グラムで高級ネイルケース付です。カラーはホロブラウン、ホログリーン、ホロライトピンク、ホロピンクなど47種類あります。

■おすすめ:カモイ加工紙 マスキングテープ福袋 10本セット

mtの人気マスキングテープ(和紙製)をカラー別にまとめて福袋にしたものです。カラーはブラック、ブラウン、ピンク、ブルー、グリーン、イエロー、パープル、レッドの8種類です。サイズは幅1.5センチ×10m巻です。

液体の入ったケース

上記の方法を応用し、クリアケースの中にラメグリッターの代わりに、絵の具を溶かした水を入れても、かわいいスマートフォンケースができます。例えばワイングラスや砂時計の形をトレーシングペーパーに型取ります。その型を入れてクリアケースをシールします。だいたい型通りに切り抜き、少しのすき間を空けて、ピンセットなどで中の型を取り出します。そして絵の具を溶かした水を入れて、すき間をまたシールして完成です。

ギャラクシーなケース

スポンジを小さく切ります。いろいろな色のマニュキュアを用意し、ブラックのスマホケースに色をつけていきます。スポンジを叩くように押し当てると、天の川のような雰囲気が出てきますので、さらに色を重ねて、塗り重ねていきます。乾燥させて完成です。

■おすすめ:DEL SOL L.C. カラーチェンジネイルポリッシュ np-2013

太陽の光で色が変わるネイルで、ネイルアートにもぴったりな一品です。カラーはカリプソ、メタルマニア、スーパーヒーロー、エレクトリック、レックレス、サンキッス、フォクシー、スパイク、ラストラスレディーの9種類です。

まとめ

今回は、スマートフォンケースのDIYについてご紹介しましたが、いかがでしたか? スマートフォンケースに難しいイメージを持っていた方もチャレンジしてみようという気になったのではないでしょうか。お気に入りのスマートフォンケースがあれば、出かけるのも楽しくなりますよね。今回ご紹介したラメグリッターやマニュキアなどを使った方法以外にもいろいろな方法がありますので、DIY初心者の方には、ぜひ扱いやすいものからスマートフォンケースのDIYにチャレンジしていただきたいと思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 アルミ板の折り曲げ・切断2 折り曲げ機を使った加工3 自作ベンダーマシンを使う人も4 まとめ アルミ板の折り曲げ・切断 アルミ板を加...
diy
日曜大工人気
目次1 有孔ボードを使う2 タオルバーを使う3 スパイスラックを使う4 段ボールを使う5 すのこを使う6 まとめ 有孔ボードを使う 等間隔に...