DIY

トイレタンクを隠す

トイレタンクに合わせて、それを覆うような棚を作ります。あるいは、すのこなどの木材で覆い、タンクレス風にします。蛇口の部分は残して、そのまま使うのがいいでしょう。正面の部分には自分の好みのリメイクシートを貼ります。蛇口の横は棚になっているので、いろいろなインテリアを置くことができます。

内装を変える

リメイクシートを使って、壁紙を替え、トイレ内の雰囲気を変えてみましょう。リメイクシートを貼る前には、壁から出っ張っていてネジで外せるものは外します。また壁の一部にタイルシートを貼るのもいいでしょう。ステッカーをトイレのフタやタンク、壁に貼る手もあります。おもしろいステッカーであれば、トイレに行ってそれを目にするのも楽しくなります。窓がある場合は、おしゃれなカフェカーテンをつけるといいでしょう。

トイレットペーパーの収納についてはいろいろな方法が考えられます。つっぱり棒を壁にとりつけて、トイレットペーパーを置けばデッドスペースを有効活用することができます。またクリアファイルをトイレットペーパーに巻けば、カバーとなります。

照明を替える

トイレのライティングを替えれば、雰囲気を大きく変えることができます。人気のあるカフェやデパートのトイレはおしゃれで心地よいですよね。トイレのイメージは店全体のイメージにつながります。家も同様ですよね。トイレの照明を心地よいものに替えてみましょう。トイレの照明は75~150ルクス程度が適切です。間接照明は開放感があり、洗練され、清潔感のあるイメージを生み出すことができます。天井から吊り下げる場合には、便器の真上ではなく、少し前か後ろにずらすようにします。

おすすめ照明

■快適ホームズ ペンダントライト ビードロ

丸みのあるきれいなモザイクガラスが特徴のペンダントライトです。トイレのかわいい演出にぴったりな照明でしょう。モザイクガラスによってアジアンでオリエンタルな雰囲気を作ります。サイズは幅14センチ×高さ12.5センチです。カラーはトリコロール、フレイム、アクア、サクラ、メロン、シトロン、ミントの7種類です。コードは長さの調節が可能です。またコードのないタイプの「ビードロシーリング」もあります。

■快適ホームズ ペンダントライト エトワール

ビンテージ加工を施した真鍮のフレームにガラスをはめ込んで作られた星をモチーフにしたペンダントライトです。サイズは幅25.5センチ×高さ30センチです。天井から100センチのところまで吊り下げることができますが、チェーンの長さを調整し短くすることが可能です。フロストガラスとクリアガラスの2種類があります。前者は柔らかい灯りで天井に影が出ず、後者は鋭い灯りで天井に影が表れます。

まとめ

今回は、トイレのおしゃれなDIYについてご紹介しましたが、いかがでしたか? トイレのDIYに難しいイメージを持っていた方もチャレンジしてみようという気になったのではないでしょうか。今回ご紹介した方法以外にもまだまだいろいろなDIYの余地があります。初心者の方にとっては、大掛かりな作業は難しいかもしれませんが、取り扱いやすいものから、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

DIY

おすすめの記事