diy

DIY

木材や板材を使っていろいろなものを作るDIY。塗装をして仕上げます。しかし慣れてくると、自分で模様などを付けたい。と思ったり、角ばったものだけでなく少し丸みのあるものも作りたいと思ったりすることも多くあるでしょう。そんなとき役に立つのがトリマーです。ここではそんなトリマーの使い方や基礎知識についてご紹介します。

トリマーって何?

トリマーとは木材や板材に装飾を付けるDIY用の電動の道具です。

トリマービットという工具を先端につけ、それを高速回転させることで木材を削り加工するものです。木材や板材に溝を彫る溝切り加工や角をとって少し丸みを付けることができる面取り加工などができます。そのためトリマーを使いこなせるようになると、DIYで作れる作品の幅が広がります。

トリマービットの種類

トリマーに取り付けるビットは大きく分けて溝切り加工をするものと面取り加工をするものの2つがあります。また面取り加工用のビットは角を削り取るものや装飾をするものに分かれます。ビットの先にベアリングのついたコロ付ビットもあります。

DIYをするためのトリマーには通常トリマービットも一緒についています。トリマービットのセットが付いているものもあり、メーカーオリジナルのビットもあります。オリジナルのものは説明書に用途が書かれているので、必ず確認してから使用するようにしましょう。

トリマーには、コレットナットというナットがついています。コレットナットを緩めることで、ナットの交換ができます。コレットナットをスパナなどで緩め、その穴にビットが止まるまで差し込みます。

あとはまたスパナでコレットナットを締めましょう。ロックボタンが付いているタイプもあり、その場合はロックボタンを押しながらナットを締めます。

トリマーの使い方

トリマーは電動工具です。力が強く木材や板材がすぐ動いてしまうため、クランプなどで固定したほうが良いでしょう。また、削りくずが多く発生するため、ガレージなど普段の生活で使わないところで作業することをおすすめします。マスクをするのも必須です。

できれば目に削りくずが入らないように保護メガネも用意しましょう。トリマーを使うときはトリマービットをつけ任意の長さに調整します。

1度に深く切り込むことはやめましょう。少しずつ削っていきます。だいたい1回2~3cm程度の深さにしましょう。溝切り加工の場合、どうしても削ったところにバリができてしまいます。サンドペーパーなどを用意し、バリをとりましょう。

これは、溝切り加工、面取り加工共通して言えることですが、怪我の予防のために、手前から外側に向けてトリマーを動かすようにしましょう。また作業スピードは少しだけゆっくり動かすが基本です。はやく動かすと切削面が粗くなり、ゆっくりすげると焦げてしまいます。最初は練習して適切なタイミングを覚えましょう。

まとめ

今回は、トリマーの使い方や基礎知識についてご紹介しました。

トリマーは木材や板材に溝を掘ったり、角を取ったり、装飾したりととても便利な道具です。しかし、電動の工具のため取り扱いに注意が必要です。トリマーの正しい使い方や基礎知識を身につけてDIYを楽しんでくださいね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
diy口コミ
目次1 日本デザインプランナー協会ってどんなところ?2 日本デザインプランナー協会認定の日曜大工スペシャリストとは?3 日本デザインプランナ...
diy
日曜大工人気
目次1 タイルを貼ってキッチンを変身2 おすすめタイル3 まとめ タイルを貼ってキッチンを変身 キッチンを長らく使っていると飽きが来ることも...