diy

DIY

ナチュラルインテリを目指す方にとって、一番欲しいアイテムは「ウォールシェルフ」とお考えの方が多いようです。「ウォールシェルフ」とは、壁に取り付けることのできる棚のことを言います。アイデア次第でとても使い勝手のよいアイテムでありながら、ナチュラル雑貨を飾って楽しむこともできます。今回は、そんな「ウォールシェルフ」のDIYでの作り方をご紹介したいと思います。

ウォールシェルフをDIYしてお部屋をセンスアップ!

いざウォールシェルフをDIYしようと思っても、実際どのようにDIYして良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。棚受け金具を使ってDIYする方法と棚受け金具を使わずにDIYする方法があります。まずは、棚受け金具を使ってDIYする方法からご紹介したいと思います。棚受け金具は棚柱を設置して専用の棚受け金具を使う方法と、直接棚受け金具を壁に取り付ける方法があります。棚柱を使えば置くアイテムに合わせて棚の高さを変えられる可動棚をDIYできます。棚数を増やしたり減らしたりするのも棚受け金具と横板さえあれば簡単にできます。また、壁に直接棚受け金具を取り付ける方法は、どのようなデザインの棚受け金具を選ぶかで部屋全体がおしゃれにグレードアップできます。シンプルな棚受け金具やアイアン製の凝ったデザインの棚受け金具など、いろいろなタイプがあります。次にご紹介するのは、棚受け金具が見えないようにDIYする方法です。L字に組み立てた木材やBOX型の箱を専用の金具で壁に取り付ける方法です。棚受け金具を使わずにDIYすると、棚受け金具が見えない分、とってもスッキリとした印象の仕上がりになります。シェルフが壁面のアクセントにもなります。どちらのDIYの方法でウォールシェルフを作るかは、用途や好みで選びましょう。

賃貸住宅でも作れるDIYウォールシェルフ

賃貸住宅にお住みの方でも、ウォールシェルフをDIYすることはできます。そのDIYの強い味方となってくれるアイテムは「ディアウォール」や「ピーラーブラケット」です。どちらも2×4材(ツーバイフォー材)専用のアイテムで、天井と床の間に突っ張るために使用します。2×4材は、ホームセンターで誰でも購入することができます。「ディアウォール」や「ピーラーブラケット」を使って柱を壁際に立て、その柱に横板を渡せば原状回復が原則の賃貸住宅でも、壁を傷つけることなくウォールシェルフをDIYできます。また、この2つのアイテムの大きな違いは、材質と2×4材1本に対して1セット使うのか1個使うのかという点です。値段は倍ほど違うので、予算を抑えたいにはディアウォールが向いています。ディアウォールはプラスチック製なのにたいして、ピラーブラケットは鉄製ということもあり、そろぞれ設置した際にお部屋に与える雰囲気が随分ことなります。

まとめ

今回は、ウォールシェルフのDIYでの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?どの方法もDIY初心者でも簡単にチャレンジできる方法です。ぜひ、お部屋にウォールシェルフをDIYして、素敵なナチュラルインテリアに囲まれたお部屋を目指しましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
ペンキ
日曜大工人気
日本では5月の第2日曜日が母の日となっていますが、何をあげればいいのか分からないという方も中にはいらっしゃると思います。そんなときは普段お世...
ドリル
日曜大工人気
目次1 縁台を利用して縁側にする2 おすすめデッキキット3 まとめ 縁台を利用して縁側にする 縁台を作り、それを利用して縁側にしましょう。ま...
DIY
日曜大工人気
ライフスタイルに合わせて子供部屋や仕事場などいろいろな部屋が必要になることも多いです。しかし、部屋を増やすといってもスペースには限りがありま...