DIY

以前はそれほど日本では馴染みのなかったハロウィンですが、最近ではクリスマス同様、雑貨店などでハロウィンのインテリアデコレーションを見かけることも多くなってきました。今回はそんなハロウィンにぴったりなデコレーションDIYについてご紹介させていただきます!

ガラスで出来るジャック・オ・ランタン

○用意するもの

ガラスの容器(丸でも、四角でも可愛く仕上がります)、オレンジ色のチュール、リボン、画用紙、ハサミ、中に入れるライト、接着剤

○作り方

1.ジャック・オ・ランタンの顔を作っていきます。ハサミを用いて黒い画用紙を3つ三角形に切り取り、その後口の形になるように画用紙を切っていきます。画像を探せばテンプレートなども出てくるので、そちらを使って作るとより本格的に仕上がるでしょう。

2.ジャック・オ・ランタンの顔のパーツをガラス容器の表面に、接着剤を使って貼り付けていきます。

3.ガラスの容器の中にライトを入れます。

4.オレンジ色のチュールで全体を包むようにして、トップの部分をリボンを使って縛り、完成です。

海外では本物のパンプキンをくりぬいて作られることの多いジャック・オ・ランタンですが、日本で買おうと思っても売ってないことが多いので、こうやってDIYをするのがオススメです。

コウモリとリボンのガーランドDIY

○用意するもの

黒色のフェルト、リボンまたは糸、穴あけパンチ、さまざまなハロウィンデザインのリボン、ハサミ、接着剤

○作り方

1.黒色のフェルトをコウモリの形に切っていきます。この際パソコンで見つけたコウモリのイラストを作りたいコウモリのサイズにプリントアウトし、切っておくことで、フェルトに上から重ねて切っていくと綺麗なコウモリの形ができます。

2.コウモリの形に切り終わったら、両方の羽の端の部分に穴あけパンチを使って穴を開けましょう。その穴にリボンや糸を通していきます。

3.ハロウィンデザインのリボンをいくつか用意し、10センチほどになるように切っていきます。それを半分に折って糸の上からかけて、下の部分を接着剤などで止めていく作業を繰り返していき完成です。

ハロウィンデコレーションの定番のコウモリも、リボンのガーランドと合わせることで可愛い雰囲気が出ておすすめです!

魔女のホウキDIY

○用意するもの

クラフト用紙の紙袋2枚、ハサミ、枝、お菓子、リボン

○作り方

1.1枚目の紙袋を平らにし、ハサミを使って底の部分以外をストライプ状にカットしていきます。

2.2枚目の紙袋にお菓子を入れて、1枚目の袋の中に入れます。

3.枝を袋の入り口部分に刺し、ホウキの柄の部分になるようにし、袋と枝の周りをリボンや紐で結び完成です。

パーティーなどでデコレーションに用いたあとはお客さんにプレゼントとして持って帰ってもらえるところもおすすめポイントです。

メイソンジャーでゴーストタウンDIY

○用意するもの

メイソンジャー、発泡スチロール、ラッピング用のモス、枝、ガーゼ、ハサミ、グルーガン、油性ペン、カッター

○作り方

1.メイソンジャーを反対にして使います。蓋の部分にカッターで丸く切った発泡スチロールを置き、底に枝を刺します。

2.発泡スチロールを丸く切り抜きゴーストの頭の部分を作ります。

3.上からガーゼを被せ、油性ペンを使ってゴーストの顔を書きます。

4.グルーガンを使って枝にゴーストを貼り付けていき、ラッピング用のモスを使って底や木の周りに貼り付けていきます。終わったら上からジャーを被せて完成です。

可愛いゴーストのオーナメントですが、アレンジで中にライトなどを入れてもハロウィンっぽい雰囲気が増しオススメです。

まとめ

低コストでできるDIYだからこそ、色んなアイテムにチャレンジできます。DIYで季節の行事もより楽しみましょう。

DIY

おすすめの記事