ドリル

賃貸マンションでのDIYは原状回復が必須

賃貸住宅でもDIYを楽しみたいところ。しかし、ネックとなるのが「原状回復義務」。賃貸住宅に入居している借り主は、退去するときに部屋を借りたときの状態に戻さなくてはなりません。もっとも、一定期間住んでいるとどうしても床や壁、備え付けの設備が傷ついたり、劣化したりするのは当然のこと。家具や家電をずっと置いておくと床にへこみができた、壁に画びょうの穴が残った、壁紙が日焼けで色褪せたといったものは元に戻す必要はありません。

しかし、タバコのヤニが壁についた、結露を放置したことが原因で壁にカビが生えた、大きな釘を打ちつけて棚を設置したといった借り主の故意または過失による損傷は、借り主が修繕費を負担することになります。

DIYが可能な賃貸マンションもふえている

2014年、国土交通省が「借主負担DIY型」という新しい賃貸借契約の形態を提示しました。「借り主が自己負担でDIYでき、退去時に原状回復をしなくてもいい賃貸契約」のことです。大家さんにとっては、入居者を募集するときに費用をかけてリフォームをする必要がなく、入居者は自己負担で自分の好みに合わせて修繕したり、リフォームをしたりすることができます。原状回復義務を気にする必要もなく、お金をかけて自分の好きなように部屋をつくりたいDIY愛好者にとっては朗報ですね。また、大家さんがリフォームをしない分、家賃が下がることも期待できます。

分譲マンションのDIYは自由にできるか?

中古の分譲マンションを購入し、自分好みにリフォームをしたいと思っている人もいるでしょう。しかし、分譲マンションは戸建て住宅と違い、自由にリフォームやDIYができるわけではありません。以下のような注意点があります。

水回りはDIYできない

中古の分譲マンションを探すとき、水回りの傷みが少ない物件を選びましょう。もしも湿気が原因で水回りがたわんでいるなど大幅なリフォームが必要な場合、DIYで修繕することは不可能です。プロの施工業者に頼んでも、繰り返し修繕が必要になります。水回りの傷みが激しいゆえに安い物件は避けましょう。

採寸は正確に

現在住んでいる分譲マンションをDIYでリフォームしたいと思ったら、採寸は正確に行ってください。リフォーム資材が余っても、マンションには保管スペースを確保するのも難しく死蔵してしまう可能性が高いです。

管理組合に事前に相談を

DIY、業者に依頼するに関わらず、リフォームをするときにはマンションの管理組合に相談しなければなりません。マンションには居住者が勝手に手を加えてはいけない「共用部分」があります。マンションの構造体や廊下はもちろん、自室の窓サッシや玄関、室内の構造体、バルコニー部分も共用部分なので、勝手に塗装したり改造してはいけません。事前に管理組合に相談し、管理組合規約を確認しましょう。

マンションのDIYでの注意点 まとめ

賃貸・分譲の差はあれ、マンションのDIYは戸建て住宅に比べて制約が多いのが現実です。賃貸マンションは退去時に元に戻せる範囲内でのDIYを楽しみましょう。分譲マンションでは、室内の構造体に手を加えたり、ベランダを改造したりすることはできません。管理組合規約や組合の意見にしたがって、できる範囲でDIYをしてください。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工
日曜大工人気
外から家の中が見えないように目隠ししたり、お客さんが家に来たとき、生活感のあるものを見られないように目隠ししたり…。目隠し効果のあるアイテム...