日曜大工

DIY

キッチンや洗面台など、オシャレで清潔感のあるタイルに憧れますよね。タイルを貼る作業は難しいイメージがありますが、モザイクタイルシートを使えば意外と簡単にできてしまいます。今回は、モザイクタイルシートを使った水回りのDIYの方法をご紹介します。

モザイクタイルシートについて

モザイクタイルとは、一辺50mm以下のタイルのこと。タイルといえば、ひとつずつバラバラになっているものを思い浮かべることが多いと思いますが、キッチンのシンク周辺や浴室に貼るにはシートタイプのものが便利です。

バラ

コースターや写真フレームなどタイルクラフトに向いています。

紙貼りシートタイプ

タイルの表面に紙を貼り、複数のタイルをシート状に連ねたもの。1シートは30cm四方になっているものが多いです。紙は糊で貼られていて、タイルを貼った後に紙を水で湿らせると剥がすことができます。

裏面ネット張りタイプ

タイルの裏面がネットでつながっているタイプのシート。こちらも1シート30cm四方になっている者が多いです。紙貼りよりも扱いが楽で、キレイに貼ることができます。初心者は裏面ネット張りタイプがおすすめです。

モザイクタイルを貼るために用意するもの

  • モザイクタイル
  • タイル用接着剤
  • クシ目ゴテ
  • ゴムベラ
  • 喰い切り
  • 目地材
  • マスキングテープ
  • スポンジ
  • ふた付きタッパー

モザイクタイルで水回りをDIYする基本

  1. タイルを貼るところの広さに合わせてタイルシートをカット。中途半端なところは「喰い切り」というペンチのようなものを使い、バラしたタイルを大きさに合わせてカットします。
  2. モザイクタイルを貼る場所以外のところに接着剤がつかないよう、マスキングテープで養生します。
  3. タイルを貼るところにタイル用接着剤を出して伸ばしたあと、クシ目ゴテでクシ目をつけながら均一に伸ばします。クシ目をつけるのは、並べたタイルの隙間から接着剤がはみ出るのを防ぐためです。
  4. 接着剤の上にモザイクタイルを置いていきます。接着剤はすぐに乾いてしまうので、素早く作業しましょう。中途半端なところなど、カットしたタイルを置く場合は他のタイルと目地の間隔が均一になるように気をつけます。平らな板をタイルの上に置き、ハンマーで叩くと空気が抜けて表面が均一になります。接着剤が乾くまで一晩置きましょう(紙貼りシートタイプのモザイクタイルを使った場合は、接着剤が乾いたらみずで湿らせたスポンジを紙に当て、紙を剥がします)。接着剤が乾いたあと、はみ出た接着剤があればカッターなどで掃除します。
  5. 目地材を作ります。水と目地材をタッパーに入れてふたをし、シェイク。ゴムベラでよく練ります。周りが汚れないように養生し、ゴムベラでタイルの目地に目地材を埋め込むように塗ります。目地材に空気が入らないよう、押しこむように塗るのがポイント。
  6. 目地材を塗り終わったら、絞ったスポンジでタイルの表面を拭き取ります。目地材が固まってきたら、固く絞ったタオルでタイルの表面に着いた目地材をきれいに拭き取ります。

まとめ

モザイクタイルの基本的な貼り方を覚えておけば、キッチンのシンク周辺や洗面台、浴室などのタイル貼りに応用することができます。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事