DIY

カラーボックスは、ホームセンターでも気軽に買える収納家具です。そのカラーボックスを使っておしゃれにDIYをするのが、今では当たり前になっています。カラーボックスの色も、いろいろな色があります。何個か重ねるだけでもオシャレな収納家具の完成です。棚板を上に載せると、キッチンカウンターや机ができてしまいます。DIYに慣れている人は、扉を作って取り付けて、外から中が見えないようにすることも、また、外側に好きな色を塗って周囲の家具との統一感をだしたり、パーツに凝ってみたりするとカラーボックスに見えない仕上がりにみえます。いろいろな人がDIY]しているカラーボックスの活用例をランキング形式でご紹介します。

人気のDIYカラーボックス活用術 ランキング!

 第1位 キッチンカウンター

難しそうに見えて、実は簡単なキッチンカウ上ンターなのです。ボックスを重ねて、上に棚板を置けば簡単なキッチンカウンターの完成です。棚板とボックスの固定は、釘を使わなくても滑り止めシートや強力な両面テープでも大丈夫なので、ここに作って置く台が欲しいというときに、簡単に作れてしまいます。上級者は、さらに中の収納にも工夫をしています。お好みの色に変えてみたり、カントリー調にすることもできますよ

第2位 作業スペース、デスク

ボックスを2つ離して置いて、上に天板をのせるだけで、ちょっとした机や作業スペースの完成です。固定は、釘でもいいですし、滑り止めシートや両面テープ(強力)でも大丈夫です。そのまま使うと角が気になる上級者は、木で枠を作っています。ボックスを向かい合わせにすれば、収納面が内側になるので、中が見えにくくなります。こまごましたものを片付けるのに便利です。

第3位 ソファ、イス

これも簡単なDIYの一つです。ボックスを横につなげて、壁沿いに並べます。ボックスの上にクッションを置けば完成です。収納と椅子を兼ねた場所を取らない家具ができます。

第4位 ミニクローゼット

ボックスの中に突っ張り棒を取り付けます。小さい子供用の洋服やワンちゃんんの服をかけるのに丁度いいサイズの収納です。外から見えないようにするには、カーテンや扉をつければOKです。縦置きにして中に、同じく突っ張り棒など取り付ければ大人用のシャツの収納もできます。

第5位 収納etc

ボックスを複数個くみあわせて、オシャレな収納にアレンジしたり、100円ショップのグッズを足してキッチン収納、カウンター下の収納に活躍できます。キャスターを下に取り付ければ、移動式の台所用の収納にもなります。コスメボックスなど活用法はいろいろです。

まとめ

何でも買ってしまえは簡単ですけど、自分の思うようなものがなかったり、サイズが合わなかったりしますよね。今は、前の家具を処分するのもお金がかかってしまいます。それなら、今あるものをDIYしたり、できるだけおをかけずにDIYしたほうが、断然いいですよね。ボックスをアレンジする取っ手や収納の小物は100円ショップでいろいろな種類があります。ボックスもネットでカラーも選べて買えるので、重たいものを持って帰らなくても大丈夫です。家にあるボックスを活用する方法もありますよ。家にあるボックスがもっと活用できるかもしれません。

 

DIY

おすすめの記事