手作り

ミシンを置くミシンテーブル。既存のミシンテーブルを購入すると値段が高いですよね。実は、カラーボックスを使ったDIYで初心者でも簡単にミシンテーブルを作ることができます。しかもとても経済的です。ここではそんなDIYの初心者でも簡単にできるミシンテーブルの作り方をご紹介します。

ミシンテーブルをDIYで作るために用意するもの

まずは、ミシンテーブルをDIYで作るために用意するものをご紹介します。

カラーボックス

カラーボックスは棚の数が2つのものや3つのものなどいろいろな種類があります。ミシンテーブルを作る場合は棚の数が2つのものが良いでしょう。3つのものだと高さが高くなります。今回は棚の数が2つのもの4つ用意します。

板材

カラーボックスの天板に使います。この天板の長さがミシンテーブルの横の長さになります。また、2つのカラーボックスを後ろ向きに並べ、1つを縦向きにします。その横向きと縦向きをくっつけたものがミシンテーブルの幅になります。

のこぎり

くぎやねじ、接着剤

ニス、ペンキ

ドライバー

化粧ボード

棚のサイズに合った箱

DIYで簡単なミシンテーブルの作り方

カラーボックスを組み立てる

まずはカラーボックスを組み立てます。通常カラーボックスには必要なねじなどの道具がそろっているため、説明書を見ながら組み立てましょう。今回は4個のカラーボックスを使うため4個組み立てましょう。

2つのカラーボックスでミシンテーブルの片側を作ります。2つのカラーボックスを後ろ向きに並べ、1つを縦向きにし、接着剤などでくっつけます。木製の場合は釘やねじなどでくっつけても問題ありません。同じものを2セット作りましょう。

板材(天板)をカラーボックスにつける

カラーボックスでミシンテーブルの外側ができたら、2つくっつけたカラーボックスを左右におき上面に板材(天板)をつけます。つまり板材(天板)の長さがミシンテーブルの長さになります。

ミシンテーブルの長さがわかったら、カラーボックスの上に置きねじ止めします。ねじ止めは正面のカラーボックスのみ留めるようにしましょう。

板材(天板)に化粧ボードをつける

カラーボックスに板材(天板)をつけたら、全面に接着剤をぬり、化粧ボードをつけます。上に重しなどをおき乾くまで待ちましょう。文字を書いたり作業をしたりするところなので、釘やねじで止めないようにします。

ニスやペンキを塗る

カラーボックスが木製の場合は、ニスやペンキを塗ります。ニスやペンキは必ず塗らなければいけないというものではありませんが、塗ると木材の強度があがります。できるだけ塗るようにしましょう。

最後にお好みに合わせて好きな色のペイントやマスキングテープでの飾り付けなどをすれば、おしゃれなミシンテーブルの出来上がりです。

まとめ

今回は、いろいろあるミシンテーブルの作り方の中で、とっても簡単なカラーボックスをつかってのDIYでのミシンテーブルの作り方をご紹介しました。1から作るのではなく、カラーボックスを利用します。

カラーボックスの棚はミシンテーブルの収納スペースになります。収納スペースも既製品のミシンテーブルと違い、自分の好きなようにすることができます。例えば棚の大きさより一回り小さな箱や本建てなどを棚の中に入れましょう。工夫次第で、オリジナルでおしゃれなミシンテーブルを作ることができますね。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
ドリル
日曜大工人気
目次1 縁台を利用して縁側にする2 おすすめデッキキット3 まとめ 縁台を利用して縁側にする 縁台を作り、それを利用して縁側にしましょう。ま...
マスキングテープ
日曜大工人気
最近はお家でリラックスをするため、またはアロマキャンドルなどを用いて香りを楽しむためなど、さまざまな目的からキャンドルを使われるかたも多いか...
diy
日曜大工人気
近頃よく耳にする「DIY」。DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、直訳すると「...
ペンチ
日曜大工人気
お部屋の1角やちょっとしたところを仕切りたいときに便利なのが衝立。既製のものを買っても、部屋のスペースと合わない! 仕切りたいところにピッタ...