DIY

女優ミラーをDIY

女優ミラーを使えば、LEDのライトが顔を明るく照らすので、化粧がしやすくなります。産毛や毛穴など細かいところまではっきり見え、厚塗り防止の効果もあります。

女優ミラーを作る簡単な方法は、照明を用意して、両面テープでミラーにくっつけるというものです。女優ミラーにぴったりな照明としては、IKEAのDIODER(LEDマルチユース照明・ホワイト) やLEDSJÖ(LEDウォールランプ・ ステンレススチール)があります。DIODERは直径5.8センチのうすい円形のディスクライト(3.5ワット)が4枚付いており、自由に配置できるものです。ACアダプタが使用できます。4枚×3ほど用意してミラーの端に並べて付けましょう。LEDSJÖは、長さ60センチに電球(5ワット)が5つ並んだものです。これをミラーの左右両端に配置します。こちらのほうがハリウッドの楽屋風な雰囲気がでます。

より本格的な作り方としては、額付きのミラーを用意し、額に電球のソケットを埋め込み、電球をつけるというものです。アンティークなミラーにすると、よりゴージャスな雰囲気が出るでしょう。裏面はソケットが出っ張るので木枠を新たにつける必要が出てきます。また配線は直列ではなく、並列につなぎます。

また輸入品の「Vanity bar」を購入するという手もあります。これはまさに女優ミラー用とも呼べる電球用のソケットが並んだものです。これをとりつけるには大きな額がついたしっかりしたミラーが必要になります。

おすすめミラー

■arne F-003 ウォールミラー

幅56センチ、高さ81センチ、機能性とデザイン性の両立を実現したアンティークフレームの壁掛けミラーです。日本製です。重量は約6.5キロ。カラーはゴールド、シャンパンゴールド、ホワイトの3種類です。

■ エンジェルズダスト アンティークブラウン 木製ミラー

幅約60センチ×奥行約2センチ×高さ約70センチ、ひのき製で自然な風合いなカントリーテイストたっぷりのミラーです。ドレッサーにぴったりの一品です。

■岡本鏡店 アイボリーフレームウォールミラー Li110Ivory

フレームサイズ 64センチ×84センチ、ミラーサイズ 50センチ×70センチのイタリア製のウォールミラーです。シンプルなアイボリーフレームのミラーで、内側にゴールド、四隅にゴールドリーフの装飾が施されています。

■ビギンリゾートギャラリー クラシックミラー80cm

フレームサイズ80センチ×60センチ、マンゴーウッド材を用いたインドネシア・バリ島原産のアジアンテイストのミラーです。ヨーロッパ絵画の額縁をイメージしています。フレームの厚みは3.5センチで、通常バリで販売されている1.5センチのフレームの倍以上となっており、高級感が演出されています。色はサラックブラウン、重量は約8キロ。

まとめ

今回は、化粧台に女優ミラーを設置する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 難しいイメージを持っていた方もチャレンジしてみようという気になったのではないでしょうか。初心者の方でも両面テープを使って照明をくっつければ、雰囲気が出ますので、作りやすものから始められるとよいと思います。

DIY

おすすめの記事