diy

DIY

DIY壁面収納をつくれば収納力がアップします!

「収納が足りない!」とお悩みの方、家の中で最も広い面積をもつ壁面に、ぜひ収納をDIYしてみませんか?DIYで壁面収納を作れば、良いこともたくさんあります。例えば、使う素材によって仕上がりの印象も違ってくるので、自分好みの壁面収納が作れます。その上、DIYならどんな場所の壁面にも希望通りのサイズで収納を作れるので、デッドスペースを生むことなく更に有効活用にもなります。みなさんの中には、「収納」と聞くと、クローゼットや押入れ、納戸などの深型のタイプをイメージされる方が多いと思いますが、もっと奥行の浅い棚のようなタイプでも、十分に収納として機能します。例えば、階段や廊下の壁面に薄型の壁面収納棚をDIYすることもおすすめです。階段や廊下はただの通り道であり、そこにある壁はただの壁になってしまっていませんか?もちろんそれは階段や廊下の機能としてとても当たり前のことなので、収納に利用しようとは思わない場所です。しかし、そのような場所の壁面に敢えてDIYで壁面収納をつくることで、これまで不足と感じていた収納量を確保することができます。

簡単に壁面収納をDIYする方法

簡単に壁面収納をDIYする方法をご紹介したいと思います。まずは、DIYをするとなるとおそらく一番お困りであろう賃貸にお住まいの方におすすめの方法をご紹介します。賃貸にお住まいの方の一番の悩みは「原状回復」ですよね。これは壁に限ったことではないのですが、賃貸は退去する際に原状回復が原則となっていることが多く、このことが原因でDIYを諦めてしまう方も多いようです。しかし、壁を傷付けることなくDIYできる方法があります。それは、「ディアウォール」や「ピラーブラケット」を使って、壁面収納をDIYする方法です。なぜ、壁に傷が付かないのかと言うと、「ディアウォール」や「ピラーブラケット」は、2×4材(ツーバイフォー材)専用の突っ張りDIYパーツで、床と天井の間に2×4材を突っ張ることで、2×4材の柱を設置できるアイテムです。つまり、これらのDIYパーツを使って柱を立てることで、その立てた柱に釘やビスを打って壁面収納をDIYすれば、壁を傷つけることなくDIYができるというわけです。しかも、薄型の壁面収納にこれらのDIYパーツはもってこいのアイテムと言えます。この壁面収納のDIY方法は賃貸にお住いの方だけにおすすめなのではなく、定期的に模様替えをされる方やDIYできない壁でお困りの方にもおすすめの方法です。

まとめ

今回は、壁面収納のDIYについてご紹介しましたが、いかがでしたか?「ディアウォール」と「ピラーブラケット」にはそれぞれに特徴があります。例えば、「ディアウォール」が2×4材の両端に取り付けるのに対して、「ピラーブラケット」は天井側にのみ取り付けます。他にも、「ディアウォール」はプラスチック製なのに対して、「ピラーブラケット」は鋼板でできていて、インダストリアルな雰囲気になっています。それぞれの特徴を踏まえて、使う場所によって使い分けても良いですね。ぜひこれらを参考に、あなたのお気に入りの壁面収納をDIYで完成させて、収納不足の解消にお役立て頂ければ嬉しく思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
マスキングテープ
日曜大工人気
最近はお家でリラックスをするため、またはアロマキャンドルなどを用いて香りを楽しむためなど、さまざまな目的からキャンドルを使われるかたも多いか...
diy
日曜大工人気
目次1 ウッドボックスを使う2 アイロンビーズを使う3 ペットボトルを使う4 まとめ ウッドボックスを使う 100均で売っているウッドボック...