DIY

基礎工事

基礎工事は、正しく施工されないと重大な問題を引き起こしかねない、重要なものです。しっかり工事しないと小屋がだんだんぬかるみに沈んでいくこととなります。基礎工事はやり直しがききませんので、注意して進めなければなりません。大規模なものとなると、国の建築基準の適用となりますのでその点も注意する必要があります。

整地

基礎工事の前に整地が必要となってきます。切り株や木の根などを抜いて土地を平らに均します。また傾斜地であれば、土を掘って均さなければなりませんが、その際、残土が出ますのでその処理が必要です。運転資格が必要ですが、リース会社からミニバックホウ(通称:ユンボ)をレンタルして使えば、その作業がかなりはかどります。

例えば、最も軽量なバックホウで比べると、株式会社原鉄(SV05・重量550kg)では、日額は5,500円、日の丸レンタリース株式会社(800kgクラス・標準バケット幅35cm、最大掘削深さ150cm、最大掘削高さ275cm)では、日額6,000円、日東レンタル株式会社(1tクラス)では、日額7,000円、南部興産株式会社では日額7,500円、月極90,000円、きかいレンタルたまむら(後方小旋回バックホウU-008・重量870kg・標準バケット幅31.8cm・最大掘削深さ160cm・最大掘削高さ277.5cm)では、日額7,000円、月額90,000円となっています。

整地の次は、板で定規を作り、水糸を張って溝掘りをします。そして基礎に必要な地耐力を確保するため、砕石を敷き込み、ランマ―やプレートで転圧します。ランマ―・プレートのレンタル料金を比較すると、きかいレンタルたまむらではプレートランマ(出力2.1PS)が日額1,000円、月額15,000円、株式会社原鉄ではプレート(50-80K・重量45kg)、ランマー(50-70K・重量57kg)がそれぞれ日額1,000円、日東レンタル株式会社では最も小型のランマー(50k)が日額2,000円となっています。

鉄筋組みとコンクリート

ベースの型枠を組み立て、鉄筋組みをします。鉄筋組みはコンクリートを連結させ、基礎の強度を上げるためのものです。基準となる芯墨に従って水糸を張ります。水糸から垂直を測り、寸法を決め、型枠を並べていきます。鉄筋をベンダーを使って曲げ、また鉄筋カッターで必要な長さにカットします。鉄筋を型枠セパの上に乗せ、ハッカーを使って、セパと結束します。次に生コンを流し込み、空隙ができないようにシャベルや棒で入念に突きます。トンボや金ゴテで均します。

次に立ち上がり基礎の型枠を組んでいきます。そして同様に生コンを流し込み、平らに均します。養生期間をおいて型枠をバラします。養生期間は一般的には3日から8日です。最後に玄関などの土間打ちをします。基礎周りの土を埋め戻して完成です。

まとめ

今回は、基礎工事のDIYについてご紹介しましたが、いかがでしたか? 基礎工事に難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。重機を利用するなど大掛かりになり、時間と手間はかかりますが、基礎からDIYで造っていけば、きっと愛着の深い建築ができることと思います。

何度抜いてもすぐに生えてくる雑草。しばらく手をつけずにおいておくと、あちらこちらに雑草が生えてしまします。そんな雑草を除去したり生えにくくしたりする雑草対策を自分でることができます。ここでは、庭の雑草対策を100均商品DIYで自分でする方法についてご紹介します。

庭の雑草対策DIY 草むしり

庭の雑草対策DIYでもっともメジャーなのは草むしりです。雑草対策の基本ですね。ポイントは、草むしりをする前に水をまくことと、根元から抜くことです。
草むしりをする前に水をまくと、土が柔らかくなり雑草を抜きやすくなります。また根元から抜きやすくもなります。雑草は根元が残っていると、すぐに何度でも生えてきます。草むしりするときは、必ず根元から抜くようにしましょう。

庭の雑草対策DIY 100均の除草剤

庭の雑草対策DIYでよく使うのは除草剤です。一言に除草剤といっても固形(粒状)のものと液体のものと2つがあります。一般的に固形のほうが効果がキツイといわれています。
そのため長期間の効果を期待したり、そもそも雑草が生えないように予防するのに効果的です。しかし、子供がいるなど環境面に配慮する場合は液体のものが良いでしょう。100均では液体の除草剤が多く言われています。
今生えている雑草をなくすだけであれば、固形(粒状)のもの、液体のものどちらを使っても効果があります。また、除草剤を使う前に軽く草むしりしておいたほうがより効果がでますよ。除草剤は毒性の強いものです。説明書などをよく読み、取り扱いに注意しましょう。

庭の雑草対策DIY 100均防草シート

雑草が育つ条件は、土があること、水があること、日があたることの3つです。逆言うとこの3つのうちどれか一つをなくしてしまえば、雑草が育つことがありません。雑草が育つ3つの条件の内、日があたることを遮るのが防草シートです。防草シートは100均でも普通に販売しています。防草シートは日があたることを遮ることを目的にしているため、除草剤のように毒性がなく安全ですね。

庭の雑草対策 100均の砂利

土の上に砂利をまくことでも、庭の雑草対策になります。これは先ほどの3つの条件の内、土に焦点をあてたものです。ある程度の厚さにすると、雑草の根が土に届かなくなります。
そのため雑草が育つのを防ぎます。砂利で雑草をすべて防ぐことが可能かというとそうではありません。砂利を敷く前よりは少ないですが、雑草は生えてきます、しかし土に根が張っているわけでないので、力をいれなくてもすぐに抜くことができます。100均でも砂利は購入できます。正直容量は多くないので、複数購入するか少ない面積で使うかしましょう。

庭の雑草対策 熱湯

除草剤や防草シートなどの用意ができない場合は、あまり知られていませんが、熱湯を使うのも一時的な雑草対策の効果があります。熱湯を雑草にかけると雑草の根まで熱湯が届くので、それにより雑草が枯れます。何日間か続けるとより効果的です。この方法は一部分だけ雑草が生えてしまったときに効果的な方法です。

まとめ

今回は、庭の雑草対策を100均商品などを使ってDIYで自分でする方法についてご紹介しました。いろいろな方法があるので、庭の大きさなど自分に合った方法で雑草対策を行いましょう。

DIY

おすすめの記事