diy

DIY

大工の家庭教師

大工仕事を自分の思い通りに、好きな時に、好きなだけ作業し、作業の工程を途中で自由に変更するなど、自分で何でもできることはいいことですね。しかし自分ひとりだとわからなかったり、困ったりすることも出て来るでしょう。実際、プロにしか手をつけられない仕事もありますし、すべて業者にまかせたほうがトータルで計算すると安く上がったりします。しかし自分でできることまでも業者にまかせるのは、もったいないことです。そんなときに役立つのが大工の家庭教師です。その道のプロが大工仕事の基本を教えてくれたり、自分でできる部分とプロに任せる部分とをコーディネートしてくれたりします。

DIY講座なども各地で開かれていますが、多人数体制ではなく、マンツーマンによって教わることができれば、効率的によく学び、自分のレベルを高め、作業を進めることができるでしょう。大工の家庭教師はまだあまり一般的ではないのかもしれませんが、以下のようなものがあります。

■株式会社むげんらく(神奈川県大和市)

神奈川県大和市の株式会社むげんらくでは、大工の家庭教師を実施しています。出張し道具の使い方や木材・板などの切断・釘の打ち方など、大工仕事の基本を懇切丁寧に教えています。「利用者が製作したい物を造る」というスタイルで、ウッドデッキや床の張替え工事などといった本格的な大工仕事にも対応しています。ある家庭では子ども部屋のベットの高さを上げ、その下に机を配置し、横に収納式の階段を設置すると言うアイデアを実現させました。

■木の家リフォーム(京都府亀岡市)

京都府亀岡市の木の家リフォームでは、自分でリフォーム、セルフビルドをする人のために大工の家庭教師を実施しています。利用者の技術、知識、能力に応じて、仕事を段取りします。利用者ができない工事は職人に直接発注、できそうな工事は技術指導の上、自分で工事するように配分します。セルフビルドの場合、構造部分は業者がやって、仕上げは利用者がやるということも可能です。料金については仕事内容や職人の技術レベルによって変化します。通常は1日、16,000円から20,000円が目安となっています。

■レンタル工房 浅草橋工房(東京都台東区浅草橋)

東京都台東区浅草橋の浅草橋工房では「アーク溶接徹底マスター」を実施しています。マンツーマンの指導によって1時間みっちり溶接について学ぶことができます。溶接についての説明を受け、実際に溶接を体験し、最後に溶接を利用したネームプレートを製作します。教え方がやさしく丁寧で親しみやすいと評判の講座です。受講料は5,400円で、体験料、工具使用料、材料・溶接棒(10本まで)、消耗品、工房使用料、傷害保険がすべて含まれています。

まとめ

今回は、大工の家庭教師についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 家庭教師を利用する利点は、DIY講座などの大人数制の教育と違って、マンツーマンで利用者一人一人に合わせた教育を受けられることです。1対1ですので利用者と家庭教師の相性は非常に重要になりますが、慎重に選ぶことによってぴったりな家庭教師を見つけられるのではないでしょうか。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
古くなって色褪せや汚れた壁をきれいにしたり、壁を変えて部屋の雰囲気を変えると、住んでいる場所が変わったような気分になります。その壁をDIYす...
diy
日曜大工人気
壁をDIYする方法には、壁を作る方法と壁のタイプを変える方法があります。壁を作るのは何もない所から壁を最初から作っていく方法です。もう一つは...
diy
日曜大工人気
目次1 スツールの作り方2 ベンチの作り方3 おすすめガンタッカー4 まとめ スツールの作り方 スツールを作るのに必要なものは、①座面用木材...