DIY

最近、家の引き戸がスムーズに動かないということはありませんか? それはレールの溝が摩耗しているせいかも。部品を交換して付け替えるだけの簡単なDIYで、引き戸の調子がよくなります。今回は、引き戸のレールや戸車をDIYで交換する方法について、紹介します。

戸車とレールの種類

「戸車」は引き戸の底についていて、レールの上に戸を走らせるためについているコマです。戸車とレールは断面の形によって、いくつかの種類に分類できます。

甲丸レール―丸型戸車

かまぼこの断面のような甲丸レールは、昔からよく使われています。最近は床の上に出っぱらないレールが主流になってきました。

角レール―角型戸車

角材のような断面の角レールには、角型戸車を組み合わせます。

Vレール―V型戸車

断面がV字型のレールを床に埋め込みます。V型戸車と組み合わせます。

Yレール―Y型戸車

断面がY字型レールを床に埋め込みます。Y型戸車と組み合わせて使い、V字型よりも外れにくくなっています。

Tレール―T型戸車

断面がT字型レールを床に埋め込み、T型戸車と組み合わせます。

敷居―平型戸車

敷居の上を直に走らせるには、平型戸車を使います。

また、戸車にはいくつかの材質があります。

鉄製戸車

一般的によく使われている戸車。強度はいちばんありますが、錆びるので注意。

ステンレス製戸車

湿気に強く、強度もあります。浴室やトイレなど水気のあるところに向いています。

ナイロン製戸車

鉄製やステンレス製に比べて音が静かなのが長所。逆に強度は2つに比べて弱い。軽量のドアに向いています。

ゴム製戸車

いちばん音が静かなタイプ。しかし耐久性の低さが弱点です。音が気になる部分の引き戸に使います。

DIYで戸車を交換しよう

引き戸の調子がおかしいと思ったら、まずは引き戸を外して戸車をチェック。ゴミなどを取り除き、あまり錆びていなければ防錆潤滑油を指すだけで大丈夫です。戸車がすり減っていたら交換しましょう。

固定していあるネジを外し、戸車の径を計るか戸車そのものを持参し、ホームセンターなどで同じ大きさ・同じタイプの戸車を買いましょう。戸車をはめ込む木部が欠けている場合は木の破片や厚紙で補修しておきます。ネジ穴が大きくなってしまっている場合は、つまようじで埋めるといいでしょう。

DIYでレールを交換しよう

錆びたり、折れたりしていたらレールを交換する必要があります。

マイナスドライバーを使って古いレールを剥がします。レールを留めている釘が錆びていてうまく剥がせない場合は、ペンチを使います。レールを剥がす前、レールがあった場所に鉛筆などで印をつけておきましょう。

新しいレールは長さ2cmぐらいの釘で留めていきます。レールに空いている釘穴に打ち込みます。釘はレール用の真鍮釘を使い、レールから釘頭が出ないようによく叩きます。

DIYでお家にお引き戸を簡単に交換 まとめ

引き戸のレールや戸車には消耗品です。引き具合がよくないなと思ったら、引き戸を外して戸車やレールをチェックしてみましょう。戸車がすり減っていたり、レールが割れていたりした場合は、それぞれのパーツを交換します。こうした部品を交換する方法を知っておけば、家を手入れしながら長く住み続ける意識にもつながりますね。

洋服をかけて収納したり、洗濯物を室内に干したりして使う突っ張り棒。簡単に取り付けられるだけでなく、取り付けるのにくぎやネジをつかわないので壁を傷つけることがなく、実はDIYではよく使われる商品です。ここではそんな突っ張り棒のDIYでの活用方法についてご紹介します。

突っ張り棒のDIY活用法その1 壁の収納スペース

実は、突っ張り棒を使えばDIYで壁に収納スペースが作れます。しかもくぎやネジをつかわないので壁を傷つけることがありません。賃貸でもできる優れものです。

用意するもの

  • 突っ張り棒2本
  • 結束バンド
  • かご
  • ワイヤーネット
  • フック

壁の収納スペースの作成手順

突っ張り棒を立てる

突っ張り棒を天井と床を使って、壁に沿って2本縦に立てます。

突っ張り棒にワイヤーネットをつける。

ワイヤーネットを2本の突っ張り棒の間に付けます。ひもでくくったり結束バンドで付けましょう。ひもだと時間と共に緩むこともあるので、結束バンドのほうが良いでしょう。

ワイヤーネットにかごを付ける

ワイヤーネットをつっぱり棒に付けたら、フックでかごを付ければ完成です。フックにかけられるものだと何でも良いので、ウォールポケットなどを付けてその中にポストカードなどをいれれば部屋のインテリアにもなりますね。

突っ張り棒のDIY活用法その2 シンク横の収納スペース

台所では調味料や調理道具など多くのものがあり収納スペースはいくらあっても足りません。そこで使うのが突っ張り棒。突っ張り棒を使って、シンク横に収納スペースをDIYしましょう。

用意するもの

  • 突っ張り棒
  • 結束バンド
  • かご、ラック
  • ワイヤーネット
  • フック
  • アルミホイル
  • 洗濯ばさみ

シンク横の収納スペースの作成手順

突っ張り棒を立てる

シンクの上と吊り戸棚の間に突っ張り棒を縦に立てます。

突っ張り棒にワイヤーネットをつける

突っ張り棒を立てたら、ワイヤーネットを付けます。ひもでくくったり結束バンドで付けましょう。ひもだと時間と共に緩むこともあるので、結束バンドのほうが良いでしょう。

アルミホイルをワイヤーネットの片側につける

突っ張り棒にワイヤーネットをつけたら、シンクの側にアルミホイルを付けます。アルミホイルをワイヤーネットの縦の長さより少し大きめに切ります。横幅が足りない場合は、もう1枚同じ大きさのものを切りましょう。

2つのアルミホイルの端を少し重ね、ワイヤーネットのシンク側の面に上からかぶせるように付けます。洗濯ばさみではさんで取り付けましょう。洗濯ばさみはワイヤーネットの両端と2つのアルミホイルが少し重なっているところの3箇所はさみます。

アルミホイルは調理中の油の飛び跳ねが広がるのを防いでくれます。汚れたら同じように付け替えます。

ワイヤーネットにかごを付ける

ワイヤーネットをつっぱり棒に付けたら、フックでかごやラックを付ければ完成です。小さなホワイトボードなどをかければ、料理のアイデアなど書き留めておくこともできますよ。

まとめ

今回は、突っ張り棒のDIYでの活用方法についてご紹介しました。突っ張り棒はくぎやネジをつかわないので壁を傷つけることがありません。賃貸でもできる優れものです。

また長さを調節できるので、リビングでも台所でも使えます。ぜひDIYで活用してください。

読書が好きな人は、あっとゆう間に本が増えてゆきます。
本のサイズはいろいろあります。本の大きさに合わせた本棚の簡単な作り方をご紹介します。
DIYで作る本棚の最大の利点は、本の大きさに合わせた本棚作りができることです。

本の大きさに合わせて、本棚の大きさを決める

最初に本棚にどんな本を収納したいのか決めます。
学術書や文芸本などであれば一般的に縦22㎝横16㎝程です。本の上部に3㎝程の隙間があれば本の出し入れが楽にできます。
この大きさ専用の本棚を作ります。本棚の段数は5段、本棚の幅は80㎝、奥行18.4㎝にします。
本棚の高さHは
H=(本の高さ+本の上の隙間)×段数+棚板の厚さ×棚板の枚数+下部の隙間
=(22㎝+3㎝)×5+1.9㎝×5+3.8㎝+1.7㎝
=140㎝
になります。
本棚の製作方法は、4本の脚で棚板を支える構造とします。
本棚の両サイドの2本の脚の間に横木を固定し、その上に棚板をのせる構造です。組立には木ネジを使用します。
また、本棚の表側は木ネジを見えないようにするためにダボを使用します。

本棚の図面を書いて材料を拾う

本棚の大きさが決まったら、図面を描きます。
図面を描き終えたら寸法を記入します。
図面化することによって、作るものがより具体的になり、材料拾いが楽にできます。
使用する材料は、柱に2×2(38㎜×38㎜)材と、棚板に1×8(19㎜×184㎜)材を使用します。
使用する材料は以下のとおりです。
2×2材 12フィート 2本
1×8材   6フィート 3枚
木ネジ ステンレス製皿頭半ネジ呼び径3.8φ×32 36個
木ネジ ステンレス製皿頭半ネジ呼び径4.2φ×65 96個
ダボ 48個
以上が材料です。材料はホームセンターで購入できます。

本棚の製作手順

材料が揃ったら早速部材制作と組み立て作業に取り掛かります。
製作手順、組立手順は以下のとおりです。
1 2×4材から、脚用に長さ140㎝(A)で4個切り取ります。
2  2×4材から、棚台用に長さ10.8㎝(B)で12個切り取ります。
3 1×8材から、棚板用に長さ80㎝(C)で6枚切り取ります。
4 残っている材料を利用して埋木錐を使用して9㎜のダボを作ります。
5 (C)の4隅から四角形3.8㎝×3.8㎝を切り取ります。切り取った残りの板を(C1)とします。5枚作ります。
6 本棚の前面になる柱(A)2本は、木ネジの頭を隠すダボ穴を木工ドリルであけます。
あける位置は端部3.8㎝の位置に鉛筆で線を引き、更に23.1㎝、3.8㎝と交互に線を引いていきます。
ダボ用の穴は3.8㎝×3.8㎝の広さの中に直径9㎜深さ5㎜の穴4個を開けます。
ダボ用の穴を掘った脚を(A1)とします。
7 (A1)と(A)の間に(B)を入れ、線を引いた(A1)の3.8㎝の位置を木ネジで固定します。
固定箇所は12か所です。
これを2組作ります。できたものを(A2)とします。
ダボ穴が空いているところはダボを打ち込み、飛び出している部分は削り取ります。
8 (A2)と(A2)の間に棚板(C1)5枚を差し込み各段ごとに(B)の上にのせます。
棚板をのせたら(C1)1枚当たり3か所(C1)から(B)へ木ネジをねじ込み固定します。
9 最後に脚(A2)の一番上に(C)を取り付けます。
一番上の棚板ですから木ネジの頭を隠すために片側3か所、計6か所の穴をあけます。
木ネジをねじ込み後、ダボを打ち込み、棚板から飛び出して部分を削り取ります。
これで本棚が完成しました。

本棚の製作確認と固定

本棚が出来上がったら本を早速並べて使い具合を確認しましょう。
左右や前後に傾いていないか確認します。
地震に備えて固定する場合は床や壁を利用します。
コーナー用の金物が販売されていますから、これを使用すると簡単に床や壁に固定することができます。

DIY

おすすめの記事