日曜大工

DIY

古くなった家具や棚。新しいものを購入するのはもったいない。今のものに愛着がある。などなかなか処分にこまります。そんな時はDIYで塗り替えをしましょう。塗り替えをすると細かいキズも目立たなくなりますし、新品のようにきれいに仕上げることも可能です。

ここではそんなDIYで塗り替えするための基礎知識をご紹介します。

塗り替えの基本「塗り替えする前にやすりがけをする」

古くなった家具や棚には時の経過とともに表面がケバだっていたり、凸凹していたりすることが多くあります。その状態で塗り替えするときれいに塗ることができません。またケバだちに指などを引っ掛けて怪我をするおそれもあります。かならずやすりをかけて表面を平らにしてから塗り替えするようにしましょう。

塗り替えの基本「重ね塗り」

塗り替えは最初の塗装がある分、色ムラがどうしてもでてしまいます。特に、最初の塗装を消そうとして、1度にたっぷりの塗料を塗ってしまうと、塗っているときはそう思わないのですが、乾くとムラができていることがよくあります。

少し面倒ですが、塗料を薄く何度も重ね塗りしましょう。重ね塗りするときの注意点は下の塗装が乾いてから行った方が良いでしょう。乾く前に重ね塗りするとどうしてもはけの跡などが残るので注意しましょう。

塗り替えの基本「塗料選び」

塗料にはいろいろな種類がありますが、一般塗料いわゆるペンキを使って塗り替えをするのが一般的です。塗料には水性塗料と油性塗料の2つがあります。一般的に油性塗料のほうが色が付きやすいといわれています。油性塗料を使うときはくれぐれも換気を怠らないようにしましょう。

塗り替えの基本「ハケの使い方」

塗り替えをうまくするためには、ハケの使い方を覚えましょう。ハケは、塗る場所にもよりますが、できるだけ大きいものを使います。ハケの跡が色ムラの原因になることが多く、大きいハケでが動かす回数が少なくすると、色ムラがでにくくなります。

また、外側から塗ると、木材や板材の端にハケがひっかかり、思わぬ失敗をしてしまうことがありまので、できるだけ、内側から外側に塗るようにしましょう。

塗り替えの基本「ローラーを使おう」

塗り替えの道具としてローラーがあります。ローラーはローラー上のスポンジなどに塗料を付け、ローラーを転がすことで塗料を塗っていきます。ローラーの良いところは、1度で広い範囲が塗れることや色ムラがでにくいことです。上から下、下から上と一歩方向に動かしながら塗料をぬると、よりきれいに塗ることができます。

またローラーにもいろいろな種類があり、中には模様がついているものもあります。模様がついているローラーを使うと、塗料を塗るだけで模様を描けるので便利ですね。

まとめ

今回は、DIYで塗り替えするための基礎知識についてご紹介しました。塗る前のやすりがけや、重ね塗り、塗料選びやハケの使い方は、塗り替えだけでなく、DIY作品を作ったときの仕上げの塗装にも通じるものですので、身に着けておけば今後のDIY生活に役に立ちます。

ローラーについてはあったら便利なものですが、なくても問題ありません。今回ご紹介したもの以外にも、多くのDIYをするための道具があります。ぜひホームセンターなどに足を運んで自分に合うものを選んでください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事