diy

DIY

壁掛け工具置き場

DIYを続けていると、工具がどんどん増えていきますよね。適当に床に置いておくと、工具を蹴って壊してしまうこともあるかもしれません。そんなときは、壁掛けの工具置き場を作ってみましょう。壁掛けの工具置き場を作れば、一目で使いたい道具の場所がわかり、すぐに取り出すことができます。作り方は簡単でベニヤ板を用意し、そこに木ネジを少し角度をつけながらとめて、そこに工具をひっかけるだけです。あるいはベニヤ板ではなく、有孔ボード(パンチングボード)を使い、フックで工具をひっかける方法もあります。フックをひっかけるためにはスペーサーも必要です。有孔ボードを使ったほうがレイアウトにも凝ることができ、見た目もおしゃれになります。

またファブリックボードとメタルコードホルダーを利用すると、よりコンパクトな工具置き場を作ることができます。ファブリックボードにはフックがついており、簡単に壁に掛けられます。

おすすめ有孔ボード

■アウトレット建材屋 カラー有孔ボード白 (4mm 8φ-30P)

低ホルムアルデヒドのラワン合板です。サイズは910ミリ×1830ミリで、孔の直径は8ミリ、孔の中心から次の孔の中心までが30ミリです。カット注文も可能です。

■DIY木材センター 4ミリシナベニヤ有孔ボード

厚み4ミリのシナベニヤの有孔ボードです。サイズは915ミリ×1825ミリで、孔の直径は5ミリ、孔の中心から次の孔の中心までが30ミリです。重さは約3.6キロです。

工具箱

■木の工具箱

木の工具箱を作るには、まず箱の壁にするための板をカットします。組み立て用の溝を加工し、木工用ボンドをつけてビス留めして箱を組み立てます。やすり掛けをして角を落とします。箱の取っ手部分を作るため、インパクトドライバーに木工用ホールソーを取り付け、2か所近いところで丸くくり抜きます。そしてその2つの間もくり抜き、取っ手の形を作ります。仕切りを作って、箱の中に入れます。

■段ボールの工具箱

段ボールの工具箱を作るのに必要なものは、①アマゾンなどの段ボール箱(薄いものと大きいもの)、②厚紙、③布地、④はさみ&カッター、⑤木工用ボンド、⑥目打ち、⑦水貼りテープです。まず薄い方の段ボール箱のシールをはがし、箱を解体します。箱の内側ででこぼこになるような余計な部分をカットします。次に水貼りテープで箱の側面をつなげます。そしてフタの部分の欠けている側面を作ります。木工用ボンドを使って布を貼っていきます。木工用ボンドを水に溶いて使うと貼りやすいです。薄い段ボール箱と大きい段ボール箱を木工用ボンド、水貼りテープを使ってしっかりくっつけます。前者が上段のトレイとなり、後者が引き出しになります。

箱の側面も布を貼ります。またフタの内側に厚紙を貼った布を貼ります。引き出しを作り、同様に布を貼ります。引き出しの前面の部分には取っ手をつけます。最後にトレイを作り、同様に布を貼って完成です。

まとめ

今回は、工具を収納する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 工具置き場や工具箱作りに難しいイメージを抱いていた方もチャレンジしてみようと思われたのではないでしょうか。今回ご紹介した方法以外にも多くのやり方があると思いますが、お好みのやり方でお気に入りのDIY環境を整えていただければと思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工人気
間仕切りとは、建物の部屋を仕切ること,またはその仕切りのことを言います。生活をしていると、子供部屋や仕事場などいろいろな部屋が必要になること...
diy
日曜大工人気
目次1 DIYでのマイホームづくり2 主な支援団体や工務店3 おすすめの技術書・解説書4 まとめ DIYでのマイホームづくり 会社勤めをしな...