DIY

DIY

倉庫やフェンスを建てたりする建物のDIY。建物を建てるときに一番重要なのが、基礎をしっかりし、柱をたてることです。基礎をしっかりし柱をたてないと建物の耐久性が極端にもろくなります。そのためまずは、柱の立て方について理解する必要があります。ここではそんな柱の立て方についてご紹介します。

DIYで柱の立て方の知識「基礎工事には2つの種類がある」

DIYで柱を立てる前には、基礎工事が必要です。基礎工事には2つの種類があります。まずはその2つを見ていきましょう。

布基礎

布基礎とは、主にコンクリートブロックを使って作られた基礎のことをいいます。

コンクリートブロックがもともと1つ1つ独立していますが、最後には複数のブロックをくっつけて細長くします。その形から「布基礎」と呼ばれます。複数のブロックが連続しているので連続基礎という呼び方もあります。

独立基礎

独立基礎とはその名の通り、柱1本1本に独立して作られた基礎のことをいいます。1つ1つ基礎を作らないといけないので、用意するブロックが多くなります。一般的には布基礎のほうが柱を立てやすいといわれています。そのためここでは布基礎を使った柱の立て方をご紹介します。

DIYで柱の立て方の知識「布基礎を使うメリットとデメリット」

布基礎は連続した複数のコンクリートブロックを使う基礎でした。では、DIYで布基礎を使うメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。

メリット

材料の用意が簡単

布基礎で使うコンクリートブロックは、ホームセンターなどに行けば普通に売っています。そのため、簡単に用意することができます。

穴をあける必要がない。

基礎を作るためには、柱を立てるための穴が必要です。布基礎で使うコンクリートブロックは、すでに穴が開いているため、改めて穴をあける手間がありません。

デメリット

既存のブロックを使うことができない

ブロックは1度使うと、再度穴をあけることが難しくなります。そのため建て替えや改修などがしにくい場合があります。その場合はコンクリートブロックをさらに重ね積みして対応することになります。

DIYでの柱の立て方

では、柱の立て方を具体的に見ていきましょう。

倉庫などの建物のDIYはまず基礎作りから始めます。布基礎でしっかりしたものを作る場合は、建物を建てる場所の四方に木材で型枠を作り、そこにコンクリートを入れていくことから始めます。

コンクリートが乾く前に鉄筋またはアンカーボルトを立てます。建物の大きさにもよりますが1返に3~4本程度立てていきます。その鉄筋またはアンカーボルトを支えとしてコンクリートブロックを積んでいきます。

基礎コンクリートの上にモルタルを塗ります。そこに水で濡らしたコンクリートブロックを積んでいきます。注意点はコンクリートブロックを水平にすること。建物の基礎になるので、ここが水平でないと出来上がった倉庫が傾いてしまいます。

次に木材の型枠にノミなどでホゾ穴を開けます。凹の形です。次に柱の先にホゾを掘ります。凸の形ですね。このホゾをホゾ穴に差し込んで柱を立てます。柱は基礎や型枠に対して直角になるように注意しましょう。

まとめ

今回は、柱の立て方についてご紹介しました。柱の立て方は、まず基礎つくりから始めます。布基礎は連続した複数のコンクリートブロックを使う基礎のことです。布基礎は、コンクリートブロックの穴を使うことができるので、DIY初心者の方も作りやすい基礎になります。基礎ができたら木材の型枠にノミなどでホゾ穴を開け、次に柱の先にホゾを掘ります。あとは垂直に気を付けてはめ込みましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 アルミ板の折り曲げ・切断2 折り曲げ機を使った加工3 自作ベンダーマシンを使う人も4 まとめ アルミ板の折り曲げ・切断 アルミ板を加...