棚

DIY

よく使うものをすぐ取り出せるように収納したい! すぐ取り出せる場所に収納スペースを作りたい! そんなお悩みを持っている人におすすめしたいのが「スライドレール」を使ったDIY。簡単なものから、ちょっと手間をかけたものまで、さまざまなスライドレールの活用アイデアをご紹介します。

「スライドレール」って何?

「スライドレール」とは引き出しなどの下に付いてあるレールのことで、スムーズな開け閉めに欠かせない金具です。長さにもさまざまなバリエーションがあり、どの重さまで耐えられるかという耐久性にもいくつか種類があります。
取り付けが簡単なことから、スライドレールはDIYをするための必須アイテムとしてすっかり定着しています。

スライドレールがDIYに適している理由

DIYの必須アイテムとなっているスライドレール。その理由は以下のとおりです。

  • 簡単に取り付けられる。…ドライバーやねじなどの基本的な道具があれば簡単に取り付けられます。特別な道具は必要ありません。
  • どこでも取り付けられる…ねじなどを打ち付けることができればどこでも取り付け可能です。
  • 種類が多い…長さや耐久性などいろいろな種類があります。

スライドレールは基本どこでも簡単に取り付けられるため、DIY初心者でも扱いやすい素材です。取り外しも簡単にできるので便利ですね。

スライドレールの主な種類と購入箇所

ここでは、スライドレールの主な種類と、どこで購入できるのかをご紹介します。

・スライドレール ローラータイプ
引き出しの底などに付ける、一番スタンダードなタイプのスライドレールです。ローラーでスライドします。価格も安く、左右合わせて500円以内。ホームセンターや100円均一ショップなどでも購入できます。初心者向けです。

・スライドレール ベアリングタイプ
スライドレールの中にベアリングが入っているものです。
このタイプのスライドレールは、引き出しを取り出すときにまるまる取り出すことができ、奥のものも簡単に取り出せます。
価格はローラータイプより少し高いものが多く、ホームセンターなどで500円~2,000円程度で販売されています。

・スライドレール クアドロタイプ
システムキッチンなどにも使える、耐久性のある丈夫なタイプのスライドレールです。
価格は少し高めの2,000円~3,000円程度、ホームセンターなどで購入できます。

そのほか、自動で閉まるタイプのものや、プッシュすると自動で開くタイプのものなどさまざまなスライドレールがあります。

スライドレールで引き出しを作ろう!スライドレールの取り付け方

スライドレールのDIYの基本は、木製の板などに付けて引き出しを作ることです。ここでは、スライドレールの取り付け方をご紹介します。

  1. 板の寸法を測る…この寸法が一番大事です。図った長さに合ったスライドレールを選びます。
  2. 板にスライドレールを置き、鉛筆などで穴の位置をマークします。
  3. マークしたところにキリやドリルなどで下穴を開けます。
  4. スライドレールをねじ止めします。

これを棚の内面と引き出しの底面の左右につければ引き出しの完成です。
※スライドレールにはいくつも穴がありますが、すべてをねじ止めする必要はありません。あまりねじをつけすぎると板が割れることがあります。スライドレールが取れないぐらいの間隔でねじ止めしましょう。

まとめ

スライドレールを使いこなせれば、いろいろな場所に収納スペースを作ることができます。値段も高くなく、DIY初心者にも扱いやすい金具ですので、ぜひ引き出し作りに挑戦してみましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
手作り
日曜大工人気
今世間で、ブームになっているエコ。特に電気をかしこく使おうという意識が年々強くなっています。そんなエコを100均商品を使ったDIYで実現でき...
日曜大工人気
クローゼットや押し入れなどに収納する衣服。衣服が多くなると、収納スペースを確保するのも大変です。そんなときあったら便利なのは、ハンガーラック...