DIY

キッチンカウンターに憧れませんか?キッチンカウンターがあれば、キッチンの生活感を隠せたり、まるでカフェのような雰囲気を演出できたりと良いことづくしですよね。しかし、いざ思い描くキッチンカウンターを探してみると見つからずにお困りの方も多いのではないでしょうか。そんな時こそDIYで作るのが一番の解決策です。DIYでキッチンカウンターを作れば、何から何まで思い通りのキッチンカウンターを手に入れることができます。今回は、キッチンカウンターが欲しいと思っている方にぜひ参考にして頂きたいDIYアイデアをご紹介したいと思います。

カラーボックスを活用してDIYする

まずは、DIY初心者でも簡単にキッチンカウンターをDIYすることができるカラーボックスを利用したDIY方法からご紹介したいと思います。キッチンカウンターを設置したい場所を決めたら、設置場所の幅に合わせて必要な数だけカラーボックスを準備します。新しく買わずにご家庭で使わなくなったカラーボックスをリメイクされても良いと思います。準備するカラーボックスの個数は、キッチンカウンターにはどのようなアイテムを収納したいのかを考えてから決めましょう。例えば、食器やストック品を収納したいのであれば、棚数が多い方が便利ですが、ごみ箱などを収納したいのであれば棚は不要になるのでカラーボックスとカラーボックスを離して設置する必要があり必要なカラーボックスの数は少なくなります。カラーボックスを設置したら、サイズを合わせた天板を乗せればキッチンカウンターのベースは完成です。この組み合わせをベースにして、背面に加工を施したり棚の前に扉を取り付けたりしてアレンジをしていきます。天板も木製なのかタイルを貼るのかで随分仕上がりの印象が変わります。

本格的に一からキッチンカウンターをDIYする

次にご紹介するのは本格的なキッチンカウンターのDIY方法です。カラーボックスや戸棚などの家具を利用せずに一からキッチンカウンターをDIYするには、設計図の作成から始めます。設計図か完成したら、材料を準備に取り掛かりますが、使う木材には角材やSPF材がおすすめです。材料が揃ったらまずは骨組みをつくり羽目板で側面を仕上げていきます。これでベース部分は完成となります。ここまできたらお好きな塗料で塗装を施します。キッチンカウンターのみをDIYしたい方は、天板を乗せれば完成ですが、カウンターテーブルの機能も欲しいという方は、テーブルで使用する椅子の高さに合わせて側面にテーブル部分をDIYしましょう。使い方に合わせた細かいサイズやデザインの調整ができる点は、本格的に一からDIYで作り上げることの最大のメリットでありDIYの醍醐味と言えますね。

まとめ

今回は、憧れのキッチンカウンターのDIYアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?カラーボックスを利用することで簡単に、本格的に一からDIYすることでよりカスタマイズできるキッチンカウンターをDIYできますね。ぜひ、お気に入りのキッチンカウンターをDIYで作って、毎日キッチンに立つことが楽しくなるような素敵な空間を作ってみてください。

DIY

おすすめの記事