diy

DIY

サイズ表記の見方

家具のサイズの項目は、基本的に以下のアルファベットで表記されます。

W:幅 H:高さ D:奥行

Wは「Wide」、Hは「Height」、Dは「Depth」の略です。テーブルの場合、長い方がW、短い方がDとなります。椅子の場合は、さらにSH:座面までの高さが加わります。SHは「Seat height」の略です。また単位はミリメートル(mm)となっています。

例えば、W400×H800×D500、SH400とある場合は、幅400mm、高さ800mm、奥行500mm、座面までの高さ400mmを意味します。ときどきアルファベット表記がなく、400×800×500というように表記されているものもありますが、その場合もW×H×Dの順になっている場合が多いです。

CADでの図面作成

CADとは、「Computer Aided Design」の頭文字をとった略称で、コンピュータによる設計支援を指します。パソコンがない時代は、手書きで図面を作成しなければなりませんでしたが、手書きの面倒な作業はパソコンが全部やってくれるようになっています。近年ではパソコンの技術進化によって、高額な費用をかけなくても高性能のCADソフトを入手することが可能となっています。CADによって図面を作成し、さらに3D化すれば、3Dプリンタでの出力によって、アクリルの椅子を製作することもできます。また多くのフリーCADデータが公開されており、参照することができます。

主なCADソフト

■Jw_CAD

線の色や幅を自由にカスタマイズできる2次元CADソフトです。フリーながら高性能で解説書籍も販売されるなど評判が高く、プロも使用する有名ソフトです。作成した図面は、独自のJWW/JWC形式のほか、DXF/SFC/P21形式で保存できます。

■AutoCad

世界中で使われ、最も有名で世界をリードするCADソフトです。さまざまなカスタマイズが可能であり、3Dを扱うこともできます。作成した図面は、DWG、DXF形式で保存できます。

■Draft Sight

AutoCadライクで、直感的な感覚で操作できるフリーの2次元CADソフトです。Jw_CADより使いやすいと評判です。作成した図面は、DWG、DXF形式で保存できます。

■AR_CAD

ペイントソフトのように直感的な感覚で操作できるフリーの2次元CADソフトです。操作手順が表示されるので、CADソフトに慣れていない初心者の方でも簡単に操作できます。作成した図面は、独自のSGD形式やSFC/DXF形式のほか、「Jw_CAD」で利用できるJWW/JWC形式やBMP/JPEG/PNGといった画像形式、PDF形式で保存できます。

まとめ

今回は、椅子のサイズ表記と図面作成についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 図面作成に難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。図面作成から始めれば、より本格的にDIYでき、完成度も違い、思い込みによるミスもなくなってきます。また2Dからさらに3D化すればより完成した形がイメージしやすくなることでしょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
ママ友が家に遊びに来たときや、子供のお誕生日会、親せきがお遊びに来たときなどは、普段とは少し違う道具でおもてなしをしたいと思います。調味料な...
diy
日曜大工人気
憧れのおしゃれなキッチンを実現するには、おしゃれな収納が必要不可欠ですよね。でも、「みんなと同じキッチンじゃつまらない!」と思っている方も多...
棚
日曜大工人気
1家に2台以上あることも珍しくなくなったテレビ。テレビの数だけテレビ台も必要になります。でも、既存のテレビ台を購入すると値段が高いですよね。...