手作り

DIY

猫を買っている人なら誰もが知っている猫タワー。猫の運動にもなるし、お部屋に1つは欲しいところ。実はこの猫タワー、工夫次第で自分でDIYできるんです。ここではそんな猫タワーをDIYで作る方法についてご紹介します。

「猫タワー」って何?

「猫タワー」は名前のとおり、塔になっている猫用品の一つです。猫の寝床や遊び場になります。本来猫は警戒心が強い動物で、高いところが落ち着きます。そのため猫タワーは猫のストレスを解消するといわれています。また塔を上り下りすることで、運動不足の解消にもなります。爪とぎも猫タワーにするようになるので、お部屋を傷つけることもなくなるメリットもあります。

猫タワーの種類

猫タワーには、据え置きタイプのものと固定タイプのものがあります。据え置きタイプのものは、固定されていない猫タワーで移動が簡単なものです。また高さも好きな高さのものが選べます。固定されていないため安定性には劣ります。

固定タイプのものは、突っ張り棒などで天井に固定している猫タワーです。固定しているため安定性は抜群ですが、移動できないことや、好きな高さが選べないことが短所です。どちらにするかは、お部屋の状況などで選びましょう。

 

猫タワーのDIYアイデア

猫タワーは工夫次第で、DIYすることができます。DIYのメリットはお部屋に合ったものを作れること。据え置きタイプのものにするか、固定タイプのものにするかだけでなく、猫タワーのデザインから素材まで好きなものを作れますね。ここではそんな猫タワーのアイデアをご紹介します。

突っ張り棒やディアウォールを使った猫タワーのDIY

こちらは、固定タイプの猫タワーです。突っ張り棒やディアウォールを使います。ディアウォールは、木製の突っ張り棒のようなものです。どちらも天井と床を使って、固定します。2本または3本程度を固定し、その間に木材と、L字金具などで、棚を作るもの。棚は高さを少しずつ変え、徐々に上り下りができるようにします。

これなら、猫の大きさに合わせて、棚の高さを変更できるので子猫の時も、成長してからも使うことができますね。

段ボールを使った猫タワーのDIY

こちらは、据え置きタイプの猫タワーです。段ボールをいくつか用意して、積み上げるだけで段ボールの猫タワーの完成です。カッターで段ボールを切り抜き、猫が通れる大小の穴を作ります。あとは、その段ボールをお部屋に合うように並べたり積んだりしていきます。

段ボールは崩れないように、ガムテープなどで補強します。また段ボールと段ボールも必ずガムテープなどで張り合わせ、取れないようにしましょう。シールやステッカーなどを貼っておしゃれな段ボールの猫タワーにしましょう。

カラーボックスを使った猫タワーのDIY

こちらは、据え置きタイプの猫タワーです。カラーボックスをいくつか用意して、積み上げるだけでカラーボックスの猫タワーの完成です。カッターやノコギリなどでカラーボックスを切り抜き、猫が通れる大小の穴を作ります。あとは、そのカラーボックスをお部屋に合うように並べたり積んだりしていきます。

カラーボックスは段ボールよりも強度が強いので安全です。またカラーボックスとカラーボックスも必ずガムテープなどで張り合わせ、取れないようにしましょう。シールやステッカーなどを貼っておしゃれなカラーボックスの猫タワーにしましょう。

まとめ

いくつか猫タワーのDIY方法をご紹介しましたが、実際は紹介しきれないほどのアイデアがあります。ぜひあなただけの猫タワーをDIYしてくださいね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
マスキングテープ
日曜大工人気
最近はお家でリラックスをするため、またはアロマキャンドルなどを用いて香りを楽しむためなど、さまざまな目的からキャンドルを使われるかたも多いか...