DIY

DIYで玄関アプローチを

おしゃれな玄関アプローチは魅力的ですよね。玄関アプローチによってその家のイメージが決まるといっていいのかもしれません。DIYで玄関アプローチを作ってみましょう。思ったよりお手頃な価格でしっかりしたものを作ることもできます。そのためには必要なアプローチ材を揃えなければなりません。以下ではレンガやタイルなどおすすめのアプローチ材をご紹介します。

おすすめアプローチ材

■お庭の玉手箱「ラグブリック」

ラグブリックは、手のひらサイズのレンガです。小さいため小回りが利き、曲線をつくるのが得意です。接着剤で簡単に接着することができます。大きさは 75mm×75mm×60mm、重さは750gという軽さで女性にも扱いやすいものとなっています。色はレッドとブラウンの2種類があり、アンティーク調に加工され、時代を経たような味のある風合いを持っています。価格は25個セットで2,971円、ばら売りで1個120円です。

■お庭の玉手箱「はなみずき」

はなみずきは、その名の通り、花の形をしたレンガです。ラグブリックなどほかのレンガと合わせることによっておしゃれなアクセントとなり、さまざまなデザインを形作ることができます。大きさは100mm×100mm×厚さ30mm(あるいは60mm)、重さは600gとなっており、こちらも女性でも扱いやすくなっています。色はベージュとブラウンの2種類があります。価格は厚さ30mmのものの12個セットは1,790円です。厚さ60mmのものの6個セットは1,430円、ばら売りは346円となっています。

なおお庭の玉手箱では、以上のラグブリックとはなみずきを試しに使ってみたいという方のために、6個入りのセット(ラグブリック2色+はなみずき2色+はなみずきハーフサイズ2色)を1,188円で販売しています。

■タイルオンライン「ファインスレート」

ファインスレートは、砂岩調の300角、磁器質タイルです。砂岩のように表面に若干の凹凸があります。外床だけでなく、外壁、内壁、内床でも使えます。飽きの来ないシンプルなデザインで、和風建築、洋風建築どちらにも合わすことができます。大きさは約300mm×300mm×厚さ8mmとなっています。色は黒・白・茶・グレー・濃グレー・緑の6種類があります。価格は1ケース(11枚)で2,050円です。

■Green Arts Online「黒レンガ」

ヨーロピアンな雰囲気があるアンティークな黒レンガです。擦りや欠けがあるなど一つ一つ個体差があり、味わいがあります。大きさは200mm×100mm×厚さ40mmとなっています。価格は15枚セットで4,080円です。

まとめ

今回は、玄関アプローチ作りに使えるおすすめアプローチ材についてご紹介しましたが、いかがでしたか? アプローチ作りに難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。アプローチ材としてレンガは以外とお手頃な価格で軽くて扱いやすいでしょう。カラーやバリエーションなども豊富ですので、きっと自分好みのアプローチを作ることができることと思います。

「ここに棚が欲しいな」と思ったときこそDIYを始めるチャンスです。DIY(ディ・アイ・ワイ)とは、Do It Yourselfの略で、直訳すると「自分自身で行う」という意味です。近頃は、「DIY女子」という言葉も耳にするようになり、男性だけでなく、女性も気軽にDIYを楽しむ方が増えています。DIYを始めるきっかけは人それぞれですが、まずは100均アイテムを利用して気軽に初めてみてはいかがでしょうか。今回は、これからDIYを始める方におすすめしたい、DIYで棚を作る際に材料としておすすめしたい100均アイテムをご紹介したいと思います。

100均アイテムを使ったDIYを始める前に

まずは、お近くの100均へ出かけて、どんなアイテムが揃っているのかを確認しましょう。同じ100均でもお店によって品揃えは様々です。お近くにいくつかの100均があるのならば、一番自分100アイテムを使ってDIYを楽しむ方の中には、異なる100均のお店のアイテムを上手に組み合わせてDIYをしている方もいらっしゃいますが、そろぞれの寸法を合わせたりと少しコツが必要なので、店内でアイテム同士を簡単に組み立ててみたり、それぞれの寸法の確認もできるので、まずは、同じお店で材料を揃えることをおすすめします。探しているものが見つからない場合やどんなものを利用したら良いのかわからない時などは、店員さんに話しかけてみましょう。お店によっては、DIY好きの店員さんがいるところもあって、相談するとアドバイスをもらえることもあります。

DIYで棚を作るための材料に向いている100均アイテム

100均で購入できるアイテムで、DIYで棚を作るのに向いているものをご紹介したいと思います。棚を作るための材料として不動の人気は「すのこ」です。「すのこ」を利用すれば、どなたでも驚くほど簡単におしゃれな棚をDIYできます。木工ボンドを使って固定すれば、難しい工具を揃える必要も使う必要もありません。棚になる部分を木製のボックスやブラックボードに変えると、また違った雰囲気の棚を作ることができます。この場合も木工ボンドで固定できます。次にご紹介するのは、棚を作る材料とは思えないアイテムですが、ディッシュスタンド(皿立て)も簡単に棚を作ることができるアイテムです。作り方は、壁面に2本のディッシュスタンドを平行に設置して、お皿を立たせるために支える棒の部分を棚受けとして利用し棚板を渡します。棚板として使う材木も100均で購入できます。棚板はディッシュスタンドに固定していないので動かすことができるので、飾りたいものに合わせて棚の高さを変更できます。ディッシュスタンドを設置する際に、幅を広く設置したり、互い違いに設置すると、さらにお洒落なウォールラックが完成し壁面のアクセントにもなります。

まとめ

今回は、DIYで棚を作る際に材料としておすすめしたい100均アイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?100均には、アイディア次第でいろいろなものにDIYできるものが溢れています。「これは何に使えるかな?」と考えながらお店を見てまわりのも楽しいものです。

DIY

おすすめの記事