diy

DIY

収納はいくらでも欲しいスペースです。でも、欲しい場所に収納する場所が全てあるわけではありません。そういう時は、DIYで造ってしまうのが一番です。収納する場所を手っ取り早く作るのに、突っ張り棒が役に立ちます。つっぱり某は長さや太さ、材質、荷重の制限などいろいろな種類があるので場所、用途などによって使い分ければ、収納のスペースを作ることができます。値段も安いのは100円ショップでも買うことができます。大きなものでも値段もお手ごろなので、使い易いアイテムです。その突っ張り棒を活用した収納のDIY例を、ランキング方式でご紹介していきます。

突っ張り棒を使ったDIY収納アイデアランキング

第1位 トイレに収納スペースを作る

トイレの中は、狭いので収納スぺ―スもあまりありません。洗剤やトイレットペーパーなどを置いておくのも困ります。上に棚があるときはいいのですが、ないときは突っ張り棒で造ります。トイレの壁に2本平行に使います。そのまま置いてもいいですし、落ちるのが心配な時は板を載せたり、布で全体を包むと落下防止になります。シンクの上に飾りつけする棚を作ることもできます。

第2位 キッチンの収納を作る

シンクの中に段差を付けて、突っ張り棒を設置すれば狭いスペースも上下2段の収納スぺ―スができます。カウンターに2本突っ張り棒を縦に使い、ハンギングネットを結束バンドで固定します。ネットにフックをかけたり、100円ショップの小物入れをかけると、台所で必要なものを収納できます。釘など打てる場合は、輪っかを2つ作り両端に付けます、間に突っ張り棒をてカーテンを通せばカフェカーテンがつけられます。

第3位 カーテンレールの代わりに使います

部屋の入口などカーテンレールのない場所に、ドアの下に突っ張り棒を使うとカーテンやのれんがかけることができます。棚など外から見られたくないときにも棚に突っ張り棒を付ければ、布なので隠すことができます。100円ショップでも突っ張り棒用のカーテンフックが売られています。自分で好きな布を切って端を縫い、フックを付けて通せばつけることができます。

第4位 ハンガーポールとして使う

壁の隙間などデッドスペースに突っ張り棒をつけて、ハンガーラックとして使えます。ボックスをクローゼット代わりに使うときは、中に使うとハンガーをかけることができます。

第5位 ディアウオールの活用

ディアウオールは、柱のない所に柱を作ってしまうアイテムです。角材の両端に付けて 床と天井などに突っ張ることで支柱を作ります。釘を角材に両端の支柱に固定して棚を作ることもできます。

まとめ

突っ張り棒をつかうと、置く、かけるの事が出来るので収納スペースが作ることができます。荷重を確認しないと落ちてしまうので、用途に応じて荷重の制限の確認はしてください。設置する場所の幅におうじた長さにしないと長さが足りなくなってしまいます。設置するときは水平になるようにつけないと、しっかりと突っ張ってくれないので落下の原因になるので注意が必要です。突っ張り棒とすのこを組み合わせても簡単に棚が作れます。私も突っ張り棒は使ってますが、まだまだ使える場所が残っていました。まずは、シンクの下に使ってゴタゴタしているものを、すっきりさせてようかなと思います。

可愛い猫ちゃんと楽しく暮らせるお部屋にしたいと、愛猫家の方は思っているはずです。猫ちゃんは、高い場所と隠れるところが大好きです。高い所は、何時でも周りを見渡すことができて、危険を早く察知できます。猫は、イヌと違い一人でいる事が平気です。逆に構われ過ぎると嫌うので、静かにじっとできる場所がだい好きです。そんな猫ちゃんが、喜んで生活できる場所を家の中に作ってあげると猫ちゃんのストレスも少なくなります。

猫のためのDIYランキング

第1位 階段を作ってあげる

猫ちゃんは、ジャンプするのは、とても上手です。段差や階段など変化のある所は、とっても好きです。壁面に簡単な段差を作って上げるだけでもOK.シェルフを段々につけたり、ボックスシェルフだと一休みできるスペースもできていいかもしれませんね。簡単にDIYできます。

第2位 隠れる場所を作ってあげる。

猫ちゃんは、ひとりでのんびりとする時間を好みます。呼んでも出てこないときは、「今はゆっくりしたいから行かない」って感じで、知らんぷりしています。そんな、猫ちゃんのためのスペースDIYでを確保してあげてください。部屋の隅に猫ハウスを作って置いたり、使わない家具の引き出しに穴をあけてで出入りできるようにすると隠れ家になります。猫ハウスをDIYする人もいます。段ボールを切って重ねたものや、箱をベッドにしたりできます。静かな場所に置いてあげると猫ちゃんが愛用してくれます。

第3位 キャットウオーク

高い場所に猫ちゃんが歩く場所を作ってあげると、喜んで歩き回ります。猫は周りを見下ろせる高い場所が大好きなので、少々細い道でも平気で歩きます。DIYでカーテンレールのうえに板を置いて歩けるようにしたり、部屋の梁に沿わせてキャットウオークを作るといいかもしれません。それと、階段を組み合わせると猫ちゃん大喜びです。

第4位 棚板を透明にしてみる

これは、猫ちゃんというより飼い主さんの為ですね。猫ちゃんが、上の方にいても透明だと、猫ちゃんのお腹や肉球がみえて楽しめます。強度のあるアクリル板など使用するといいですね。前に某テレビ番組で森泉さんが作っていました。

第5位 キャットタワーを置く

猫ちゃんが遊べるキャットタワーは、置いとくと喜びます。板を組み合わせたり、棚を組み合わせてタワーにしてもタワーになります。家具をキャットタワーにしてしまう方法もありですね。家具をDIYして猫ちゃんが、上に登れるように仕手挙げると、無理に上って大事なものを壊すこともなくなるかもしれません。

まとめ

猫ちゃんのストレスが少ないと、飼い主さんとの間も親密になります。運動不足も解消されるので、肥満の予防にもなります。爪とぎ、水飲み場なども置いてあげると、変なところでとがなくなります。猫ちゃんのトイレの場所も、人がきても見えないように、箱で囲ってあげると砂も飛ばないのでお勧めです。壁もDIYして消臭機能のある壁紙にすると、臭いも少なくなります。また、考えないで触ってくる子どもは猫は苦手、でもひっかくと怒られるので、猫にとってはストレスです。小さい子供さんがいる場合は、特に避難できる場所は大事です。DIYで造ってあげてください。他にも、外を出這入りする猫ちゃんには、専用の出入り口を作ってあげると便利です。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
庭
日曜大工人気
建物を自分で建てたり、リフォームしたりするDIY。業者に頼むと高額になるのでできればDIYしたいところです。 そんなお悩みを持っている人にお...
日曜大工人気
「すのこ」は複数本の木の角材の上に、薄い木の板を何本か渡しき釘で固定したもの。もともとは押入れなどの床に敷き、湿気がこもらないようにしたり、...