DIY

古くなって傷が目立ってきてテーブルや使わなくなったテーブルが、どこの家でも一つはあると思います。また、そのテーブルが、もう少し高さがあればとか、逆に低かったらこの場所で使えるのにと思ったことはないですか?処分するのも費用がかかるから使わないけど家に置いたままになっていることがあります。また、ちょっとしたテーブルは欲しいけど、お金はかけたくない。引っ越しして間取りが変わると、そういう場面はよくあります。そんな時に、役立つ簡単なテーブルのDIYの方法を、今から説明します。参考にしてください。

簡単にできるテーブルのDIYランキング

第1位 テーブルの天板だけ変える。

一番簡単にできる方法がこの方法です。天板をガラスや他の天板に変えれば完成です。天板だけ売っているお店もあるので、大きさに合わせて選べば大丈夫です。木材を買ってきて、やすりをかけて色を塗って自分で仕上げる方法もあります。売られているもので、納得する物がないときは、自分で作ってDIYしましょう。

第2位 テーブルの脚を変えてDIYする方法

天板を残して、脚を替える方法もあります。高さを変えたいときにはお勧めです。テーブルの脚だけ売っているところもあるので、交換することができます。脚と枠組みを自分でDIYしてもOK.水道のパイプを脚にしてしまう人もいます。短くしてローテブルにしてキャスターを付けると便利ですね。脚を折り畳みの替えてしまえば、使わないときは片付けることができますね。

第3位 使わない物を利用してテーブルをDIYしてしまう方法

荷物を運ぶときに使うパレットを2つ重ね合わせて,下にキャスターを付けてテーブルに、カラーボックスを土台にして、上に天板を載せてテーブルを作ってしまうアイデアもあります。ボックスにキャスターを付けてサイドテーブルにしてしまうなど、使っていないものがあれば利用しましょう。

第4位 受け金具を付けて、壁際にテーブルを作る方法

壁際にテーブルがあると、場所を取らなくていいですよね。壁に受け金具をつけて、天板をセットすれば、よほど重たい物を載せなければテーブルとして使えます。

第5位 天板をDIYしてリメイクする方法

傷が目立つ天板の表面をやすりをかけて色を塗りなおします。艶出しをすると新品同様になります。また、天板の上にタイルを張り全く違うテーブルに仕上げたり、木片を細工の様に張り付けていき、その上に硝子盤をのせると見違えるようになります。

まとめ

無くてもいいけど、あった方が便利なテーブルありますよね。台所で料理をしながら家計簿を掻くとき、アイロンやミシンをかけるとき、くつろぐときに飲み物を置けるテーブルなどがそうです。無ければ仕方がないので、他の場所でしてしまいます。使わないテーブルをDIYして、使っていければ、お財布にもエコになります。古くなった天板にタイルを貼って、折り畳みの脚をつけるのはどうでしょう。鍋や熱いものを直接置ける鍋敷きいらずのテーブルになります。シールタイプのタイルがホームセンターで手に入るので、簡単にリメイクできます。こたつも脚を変えれば高さを変えることができます。天板を替えることもできますよ。

DIY

おすすめの記事