ドリル

DIY

縁台を利用して縁側にする

縁台を作り、それを利用して縁側にしましょう。まず2本の木材を渡すようにビス留めしたものを、5つほど作り、脚の部分を作ります。ビス留めの際には下穴を少し深く開け、ビス留め後、その穴に木工用ボンドをつけて棒を差し込み、余分な部分をカットします。やすりがけをしてビス跡を周りになじませます。脚の部分に塗装を施します。次に天板をビス留めし、同様にビス跡を埋めます。塗装をして完成です。

おすすめデッキキット

一から材料をそろえて縁側を作るのには手間がかかりますので、どうしても敷居が高く感じてしまいますよね。そんなときは、材料が全部そろっているデッキキットを使うという方法もあります。

■OUTLET FURNITURE Shangri-La ウッドデッキキットセット

シダーを使用した組み合わせが自由自在に可能なデッキセットです。セット内容は、縁台(幅90cm×奥行90cm×高さ36cm)×3台、踏み台(幅90cm×奥行30cm×高さ18.5cm)×1台、柵(幅90cm×奥行7cm×高さ45cm)×3枚です。柵は使わず、縁台を横に3つ並べると縁側の感じがでます。

■リーベ アルミ縁台

楽天ランキング1位を獲得した縁台です。軽くて簡単に持ち運べ、アルミなので劣化や腐る心配も無用、コーティング加工が施され、防錆性も高いです。アジャスター付で高さの微調整も可能です。サイズは幅90cm、120cm、150cm、180cmのものがあります。幅180cmのものは、奥行36cm、高さ40cmで、重さは8kgです。組み立てのための金具はすべて付属しており、ボルトで本体と脚をとりつけ、必要な部分をドライバーでネジ止めして完成です。およそ30分で組み立てることができます。

■矢崎化工 イレクター組立キット品:縁台

イレクターとは鉄パイプにプラスチックをコーティングした素材です。座面はパイプの上部がフラットで、座りやすくなっています。サイズは幅120cm×奥行34.5cm×座面の高さ42cmと、幅150cm×奥行34.5cm×座面の高さ42cmの2種類があります。カラーはガーデニンググリーンです。

組み立ての手順としては、まず脚部をさしこみます。あらかじめパイプにジョイント差し込み寸法をペンでマーキングしておくと便利です。次に脚部パイプと連結パイプをつなぎます。そして脚部パイプを座面に差し、木づちでうちこみます。ねじれや傾きがないことを確認し、接着剤をつけます。最後に接続の部品をつけ、接着します。接着剤をつけてから24時間置いて完成です。

まとめ

今回は、縁側の作り方についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 縁側作りに難しいイメージを持っていた方もチャレンジしてみようという気になったのではないでしょうか。家に縁側があれば、夏の夕涼みや食事など、趣きがあっていいですよね。デッキキッドを使えば、DIY初心者の方でも安心して取り付けられ、費用面でも業者に頼む場合に比べ、節約することができます。さまざまな素材やサイズのものがあり、木材の場合は、耐久性に注意してよく吟味する必要がありますが、初心者の方はそれから始められるといいと思います。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事