DIY

庭やベランダなどにものを置いたり、洗濯物を干したりするときに突然、雨が降ってくることってありますよね。せっかく乾いていた洗濯物がびちゃびちゃになります。

そんな時あったら便利なのが屋根のついたテラス。実はこのテラスもDIYすることができます。ここではそんなテラスのDIYの方法をご紹介します。

テラスのDIY手順:下から施工(屋根ふき材を止める為のビスが打てない場合)

ここでは、下から施工するテラスのDIY手順をご紹介します。

テラスの作成手順(下から施工)

墨出しと柱の切りつめ

まずは、測量をしそれに沿って取付け位置などの墨出しと柱の切りつめをします。

基礎の穴あけ

次に基礎の穴あけをします。穴あけは垂直に深く掘れるスコップがあると非常に簡単に掘ることができますよ。

垂木掛けの取付

垂木掛けとは屋根などの垂木を壁側で受けるために取り付けられる横木です。インパクトドライバーなどで固定します。

柱の建込みと仮固定

基礎の穴に柱を建込み、仮に固定します。

前枠の取付

建込みした柱に前枠を取り付けます。

左右枠の取付

前枠を取り付けたら、左右枠も取り付けます。本体がしっかり90度(正方形)になっているかどうか確認しましょう。

垂直確認

水準器を使い、柱や屋根が垂直か確認します。

野縁の取付

野縁とは、屋根を付ける際の下地骨となる細い木材です。先にこれを屋根部分に取り付けます。

屋根ふき材と垂木の取付

屋根ふき材と垂木を取り付けます。野縁、屋根ふき材、垂木の取付を繰り返して屋根を作っていきます。

前枠・側枠の取付

前枠と側枠を取り付けます。

雨樋とキャップの取付

雨樋とキャップを取り付けないと雨漏りします。

基礎を埋める

最後に基礎を埋めて完成です。

テラスのDIY手順:上から施工(主に1階に取り付ける場合)

ここでは、上から施工するテラスのDIY手順をご紹介します。

テラスの作成手順(上から施工)

墨出しと柱の切りつめ

まずは、測量をしそれに沿って取付け位置などの墨出しと柱の切りつめをします。

基礎の穴あけ

次に基礎の穴あけをします。穴あけは垂直に深く掘れるスコップがあると非常に簡単に掘ることができますよ。

垂木掛けの取付

垂木掛けとは屋根などの垂木を壁側で受けるために取り付けられる横木です。インパクトドライバーなどで固定します。

柱の建込みと仮固定

基礎の穴に柱を建込み、仮に固定します。

前枠の取付

建込みした柱に前枠を取り付けます。

左右枠の取付

前枠を取り付けたら、左右枠も取り付けます。本体がしっかり90度(正方形)になっているかどうか確認しましょう。

垂直確認

水準器を使い、柱や屋根が垂直か確認します。

野縁の取付

野縁とは、屋根を付ける際の下地骨となる細い木材です。先にこれを屋根部分に取り付けます。

屋根ふき材と垂木の取付

屋根ふき材と垂木を取り付けます。野縁、屋根ふき材、垂木の取付を繰り返して屋根を作っていきます。

屋根ふき材押えの取付

ここが下から施工と異なります。上から屋根ふき材を留めていきます。

前枠・側枠の取付

前枠と側枠を取り付けます。

雨樋とキャップの取付

雨樋とキャップを取り付けないと雨漏りします。

基礎を埋める

最後に基礎を埋めて完成です。

まとめ

今回は、テラスのDIYの方法をご紹介しました。テラスはDIY上級者向きです。初心者がすると家の壁に傷や雨漏りを起こしてしまうこともあります。その場合は業者に頼むことも考えましょう。

DIY

おすすめの記事