diy

レンガというと、ガーデニングや壁というイメージがあります。でも、このレンガを使うと簡単にいろいろ便利な棚が作れてしまうのです。棚の高さもレンガの数を調節することで簡単にかえることができます。解体する時もレンガと板だけなので費用は取られることがないので便利です。レンガはホームセンターで購入できます。フローリングを傷つけさので傷防止テープを貼ってください。水や火には強いのですが、自信の揺れには弱いので左右対称にレンガを積んで、下の段に木箱を入れると重さで、すきまが圧縮されて揺れに強くなります。積み方に注意していけば、オシャレで簡単な棚がDIYできてしまいます。このレンガの活用した棚をランキング形式で説明していきます。

DIY オシャレで簡単 レンガを使った棚のランキング

第1位 レンガと板のシンプルな棚

レンガを両側に重ねて上に板を載せるだけの、シンプルな棚です。木材の色を黒や白に変えたりするだけで、ヨーロッパの家にいる雰囲気になります。レンガの種類を変えて組わせてみるなど、好みのパターンにアレンジできます。

第2位 テレビ台をDIYしてしまう

テレビ台というと難しい感じがしますけど、簡単に作れてしまいます。レンガは重い物にも強いので、テレビを置いても大丈夫です。レンガを下に敷いていって、上に板を載せてテレビを置けば完成です。棚の幅や高さは用途に応じて調整していきます。

第3位 すのこと組み併せてキッチンラック

レンガは火にも強いので、キッチンのガスレンジの近くに使っても大丈夫です。火に近い下の部分にレンガを置いてすのこで棚を作れば、ガスレンジの狭い場所も有効に使うことができます。レンガで窯を作るぐらいなので、火には強いです。

第4位 CDラック

レンガの高さがCDの高さにピッタリなのです。これを利用しない手はないですよね。多くなってしまったCDは置き場所にも困ります。壁際などにジャストサイズでCDラックをDIYしてしまえば、場所も取らないので便利です。数が増えたらレンガと板で収納を増やせばいいので、コレクションもできます。

第5位 靴箱

レンガと板で玄関の空いたスペースに作ってしまえば、靴の高さや量に応じてレンガで調節できます。このレンガは玄関の雰囲気にあいます。増えていく靴の収納場所の救世主です。レンガなので汚れなどの気にしなくてよいのが利点の一つです。

まとめ

レンガの良い所は、水、火、汚れに強い、高さ、幅の調整が自在のところです。釘などつ釘など使わずに棚ができてしまうところも助かります。棚板のずれが気になるときは滑り止めシートなどおくとよいかもしれません。レンガの種類も赤レンガ、細長タイプのレンガ、耐火レンガリサイクてル、耐火レンガポット型、アルファベットが刻印されたレンガなどいろいろあります。室内だけでなくベランダや庭の収納する棚にもつかえます。不要になった時はレンガと板をバラバラにしてしまえば、場所をとりません。それぞれ別のものに、また使うことができます。売られている家具は不要になった時の処分にもこまりますが、その心配がいらないのも利点です。転勤の多い家庭や独身の方などはお勧めです。

首周りがよれてしまったり、破れてしまったTシャツはどうしていますか?子どもの服は、誰かにあげたりすることもできます。痛みのひどいTシャツは譲る訳にもいかないですよね。家で雑巾として使うのも掃除のときに便利ですよね。でも、雑巾にする前に、リメイクして活躍してもらいましょう。首周りだけよれてしまって、残りの状態は比較的きれいな物もあります。ちょっとだけ破れてしまったTシャツは人前では着れないですよね。でも、ひと手間かけてあげると、別のものに生まれ変わって活躍できます。色褪せた服もリメイクできるのでDIYしていきましょう。そのリメイクした作品をランキングにしてご紹介します。

DIYで着れなくなったTシャツをリメイク 人気ランキング

第1位 Tシャツヤーン

Tシャツヤーンという言葉をご存知ですか?文字通りTシャツを毛糸のようにしたものです。具体的にはTシャツを3センチぐらいに切っていきます。端を少しずつずらして、つながるようにきります。これをグルグルまいていきます。できたものは、毛糸と同じように編めるものなら何でもできてしまいます。

 第2位 ラグマット

Tシャツヤーンを中心からグルグルと編んでいくと楕円になるので、ラグマットが作れます。編むのが面倒な時は、紐状にカットした3本で編み込みを作って、ジグザグに縫い合わせると出来上がります。もともとがTシャツなので、吸水性もよく、肌触りも抜群、洗うこともできるので便利です。夏場は特に足がべたつくので丁度いいかもしれません。

第3位 カバーにリメイク

袖と首周りを切って、四角に縫い合わせればカバーになります。クッション、座椅子の背もたれ、椅子や枕カバーにどうでしょう。口を開けて手で持つ場所を付ければトーとバッグにもなります。ロゴの部分だけ集めてロゴTキルトを作る人もいます。壁に飾ったりソファカバーとして使えますね。

第4位 他の服にリメイク

子どものワンピースなど、成長が早いので、丈がすぐに短くなってしまいます。スカート部分を切って、他の生地でスカートにして縫い合わせると新しい服が出来てしまいます。大人用のお母さんのTシャツは縫い縮めて子どものTシャツワンピースになります。お父さんの無地のTシャツで巻きスカートができちゃいます。

第5位 ベルトやストールにリメイク

Tシャツを等間隔にカットして、3本を束ねて上を固定します。それぞれ編み込んでいきD型金具を付けるとベルトになります。カットしたTシャツにフリンジや違う素材の布と合わせてストールにしてもオシャレです。

まとめ

今まで捨てていたり、雑巾にしていたのが勿体無いぐらいリメイクの方法がありっますよね。Tシャツは色も柄も凄く種類があるのので、可愛い柄を前にしてリメイクするのがお勧めです。Tシャツヤーンは、作品を作ろうと思うとかなりの量がいるので、切るだけ切ってたまったら作ればいいですよね。色を組み合わせれば可愛くて肌触りのいいラグができます。ワンちゃんように小さめのものを作っても喜びます。紹介した以外にもアクセサリーや首回り、袖をかえて違う服にリメイクしている人もいます。是非、タンスや押入れに眠っているTシャツをDIYにチャレンジしてください。

関連記事

  1. 今、女子の間で流行っているDIYとは何?その意味は?

    2016.08.9

    今、女子の間で流行っているDIYとは何?その意味は?

    今、女子の間で流行っているDIYとは何?その意味は?今、女子の中でブームになっているDIYという…

    今、女子の間で流行っているDIYとは何?その意味は?
  2. トイレをおしゃれにDIYするポイント

    2016.10.13

    トイレをおしゃれにDIYするポイント

    トイレタンクを隠すトイレタンクに合わせて、それを覆うような棚を作ります。あるいは、すのこなどの木…

    トイレをおしゃれにDIYするポイント
  3. DIYで作るキッチン用棚!100均の材料で作る作り方をご紹介!

    2017.05.8

    DIYで作るキッチン用棚!100均の材料で作る作り方をご紹介!

    台所に移動できるキッチン用の棚があるとたいへん便利です。通常は流し台の上に置いて、流し台を広く使…

    DIYで作るキッチン用棚!100均の材料で作る作り方をご紹介!
  4. 父の日におすすめのギフトDIY

    2017.03.29

    父の日におすすめのギフトDIY

    日本では6月の第3日曜日が父の日となっています。自分の工具を使って色んなものを作ってくれたお父さんの…

    父の日におすすめのギフトDIY
  5. 100均で作るキッチン収納DIY

    2016.08.23

    100均で作るキッチン収納DIY

    憧れのおしゃれなキッチンを実現するには、おしゃれな収納が必要不可欠ですよね。でも、「みんなと同じキッ…

    100均で作るキッチン収納DIY
  6. スライドレールを使って簡単DIY!スライドテーブルの作り方

    2017.01.25

    スライドレールを使って簡単DIY!スライドテーブルの作り方

    パソコンのキーボードにホコリがたまる! キッチンで食器などをすぐ取り出せるように収納スペースを作りた…

    スライドレールを使って簡単DIY!スライドテーブルの作り方
  7. 100均のはしごを使ったDIY作品の作り方をご紹介

    2017.04.30

    100均のはしごを使ったDIY作品の作り方をご紹介

    高いところの作業をするのに便利なはしご。実はDIYではそのはしごを活用し、いろいろなものを作ることが…

    100均のはしごを使ったDIY作品の作り方をご紹介
  8. DIYでも作れる三段ボックス!三段ボックスの作り方をご紹介!

    2017.05.4

    DIYでも作れる三段ボックス!三段ボックスの作り方をご紹介!

    部屋の中に三段のボックスを机の脇になどに置いて、ルーターやデスクトップ型のパソコンなどを収納すると机…

    DIYでも作れる三段ボックス!三段ボックスの作り方をご紹介!
  9. 花壇を作る際のポイント

    2016.10.2

    花壇を作る際のポイント

    花壇の作り方家の壁や塀を利用したり、庭の隅、玄関などに作っていきます。基本的にはレンガを並べて積…

    花壇を作る際のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP