庭

DIY

暖かい季節は屋外に出かけて、気に入った風景の場所でゆっくりお茶を飲むのは楽しいものです。
そんな時折りたたみテーブルや椅子があると川の土手の上や海岸でものんびりと座ってお茶や食事を楽しめます。
あるとたいへん重宝な折りたたみテーブルの作り方をご紹介します。

折りたたみテーブルのスケッチ図を描く

最初に作りたい折りたたみテーブルのスケッチ図を描きます。
折りたたみテーブルは持ち運びが楽なようにスーツケース風の箱型にします。2つ折りにして、箱を開いた時テーブルとして使用できるようにします。
スケッチ図ができたらテーブルの大きさを決め寸法をスケッチ図の中に記入していきます。例えばテーブルの大きさは、幅60㎝、長さ1m、高さ72㎝と決めます。

折りたたみテーブルの材料拾い

スケッチ図に寸法を入れたら材料の拾いをしましょう。テーブルの天板は、杉の集成材と使用します。天板の枠は杉の平割材を使用します。ホームセンターでは1×2材(厚さ19㎜×幅38㎜)として売られています。

脚は、手摺用の35φの丸棒が売られています。天板に脚を取り付けるには、35φ㎜手摺用のアルミニウムダイキャスト製品のE型エンドベースが売られていますから、これを利用します。
天板を取り付けた2つの箱の接続は蝶番を使用します。二つの箱を閉じた時二つの箱が開かないように錠を取り付けます。
脚の下部端部は手摺用のキャップを取り付けます。

材料は以下のとおりです。

天板  杉集成材(厚さ18㎜×幅300㎜×長さ2m)   1枚

天板枠 杉1×2材(厚さ18㎜×幅38㎜×2m)     5本

丸棒  35φ×1m                 4本

金具E型エンドベース35φ用             4個

手摺用キャップ35φ用               4個

蝶番64㎝                     2個

錠(パッキン錠)                 1個

木ネジ

ナイロンロープ 直径5φ×50㎝           1本

以上の材料を揃えます。

折りたたみテーブルの製作手順

材料が揃ったら早速製作に取り掛かります。製作手順は以下のとおりです。

1 杉の集成材を1mの長さに切り、天板(A)2枚作ります。

2 杉1×2材を1mの長さに切り、4(B)本作ります。

3 杉1×2材を264㎜の長さに切り、4(C)本作ります。

4 天板(A)の片面に木工ボンドで(B)と(C)を取り付け箱型にします。これを2組作ります。

5 箱の長手方向の内側の隅2か所に金具E型エンドベースを木ネジで取り付けます。

6 2つの箱の金具を取り付けた方を両方とも外側に、平行になるように並べます。次に2つの箱の合わせ所2箇所に蝶番を取り付けます。

7 蝶番でつないだ2つの箱を閉じてみましょう。合わせ面がピッタリ重なっているか確認します。

8 2つの箱を閉じた状態で、蝶番でつないだ方を下にして、上になっている天板の箱枠の両方とも、センターから片側に5㎝ずつ離して7㎜の穴を木工ドリルで開けます。この穴は後で紐をとおして手で箱を下げられるようにするものです。

次に箱を閉じた状態で、錠(パッチン錠)を取り付けます。

9 丸棒を70㎝の長さに切り、4本作ります。丸棒の片側に接着剤を塗布して手摺用キャップに差し込み接着します。この4本の脚は、箱の中に収納します。

10 8で開けた穴に直径5㎜のロープを取り付けます。これで箱を手で持ち運べるようになりました。

これで折りたたみテーブルが完成です。

折りたたみテーブルの使用確認

折りたたみテーブルが完成したら、早速使用してみましょう。箱を開けて、脚を取り出しE型エンドベースに脚を差し込みしっかり固定します。脚がグラグラしなかったら大丈夫です。
次の休みは折りたたみテーブルを持参して屋外に行きましょう。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
diy口コミ
1.スペシャリストを目指したい人へ 趣味の範囲で考えておられた方が、退職後にカフェをオープンしたいという方が、口コミを寄せられています。...
diy
日曜大工人気
DIYでは、木材や塗料、コンクリートなどの材料や、のこぎり、きり、ハンマーといった道具などをそろえる必要があります。では、DIYをするための...