diy

DIY

DIYでは、売られている木材だけではなく、いろいろな物を活用して棚を作れます。どうやって棚を作ろうかと考えるときには、収納したいものの大きさと重さによって使う材料も変わってきます。また、予算や置く場所でも作る内容や設置方法、作りかたも変わってきます。例えば軽いインテリアを置く棚は、両面テープで設置するだけでも大丈夫です。でも、食器や本を収納する棚を壁に設置するときは、釘やネジで固定する必要があります。必要な材料などを説明していきます。

DIYで棚を作るときの材料は何を使う?

木材を組み立てる

棚を作る場合の木材で使える物は、すのこ、ラティス、2×4材、ベニヤで作ることができます。すのこは、裏面も使えるので便利です。釘を使わなくても結束バンドで組み立てていけます。100円ショップのすのこでも地小さめの棚なら使えます。大き目で頑丈な物をつくろうと思うときは、ホームセンターで売っているすのこを使って釘やネジで固定していきます。ラティスは100円ショップのものを使って、小さめの棚が作れます。壁にかけてボックスを取り付けてもオシャレなインテリアになります。結束バンドで固定したほうが木材が割れなくていいかもしれません。カウンターの上や玄関に置いても違和感がありません。最初から木材を組み立てるときは、ホームセンターにうっているSPF材かベニヤを使います。SPFは2×4材として使われていて、加工もしやすくDIY向けです。ベニヤは表面が加工されているものなど種類も豊富です。材料を自分で組み立てて棚を作るときは、予め設計図を書いて、長さ位置などを決めて木材をカットしてください。手ノコでもきれますが、丸ノコがあると便利ですね。ホームセンターでもカットしてもらえます。

木材と他のものを組み合わせて作る

ディアウオール、木材、ハンギングネット、棚受け、突っ張り棒、レンガ、すのこがあれば棚を作ることができます。賃貸などで壁に穴があけられない場合に使うのが、ディアウオールです。木材の上下に付けて床と天井で突っ張り棒のようにして柱の様に立てます。2本立てて棚板を立てた木材に取り付けると棚ができます。かなりの重さにも耐えられので、テレビや、本、自転車を掛ける棚にもなります。カウンターの下でも突っ張ることができればつけれます。又、台所、洗面所など場所を選びません。立てる数を増やせば棚の数も増えます。レンガを両側に積んで、上に板を載せると棚になります。レンガの数で棚の高さの調節ができます。上に増やすこともできます。耐火性もあるので、ガス代の近くでの作れます。汚れてもいい材料なので、玄関やベランダにお勧めです。棚受けを壁に付けて、上に板を載せると棚が簡単にできます。すのこと木材を合わせて作ったり、大きい突っ張り棒をディアウオールと同じように立てて、ハンギングネットを固定します。ハンギングネット用のバスケットや100円ショップのかごを固定してもスパイスラックや小物を入れる棚として使えます。

まとめ

棚を作る材料は身近なもので作ることができます。100円ショップやホームセンターなどで手に入るものがほとんどです。好きな色を塗るとオシャレになります。何を買えばいいのか分からないときは、ホームセンターの人に相談してみるといいでしょう。ネットで検索してもいろいろブログなどで作品を載せている人がいるので、見てみると材料も書いてくれているので参考になります。お庭に置く花棚などは、廃材、枝撫でで作っている人もいました。どんなものでもアイデア次第で棚が作れてしまうので驚きです。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
日曜大工人気
クローゼットや押し入れなどに収納する衣服。衣服が多くなると、収納スペースを確保するのも大変です。そんなときあったら便利なのは、ハンガーラック...
日曜大工
日曜大工人気
お部屋を可愛くしたいけど、インテリア小物を揃えようとするとなかなかのお値段がかかるから…と諦めてしまってる方はいませんか? そんな時こそ、イ...
ペンチ
日曜大工人気
日本では6月の第3日曜日が父の日となっています。自分の工具を使って色んなものを作ってくれたお父さんの思い出を持つ方も多いのではないでしょうか...