diy

DIY

家具を作り始めて慣れてくると、普通にだけでは物足りなくなってきます。扉に装飾をしてみたくなります。そういう時にトリマーがあると便利です、トリマーはトリマービットを高速回転して、木材を切除していくので、取り扱いには注意が必要です。初心者の人には扱いが難しいので、中級者以上のDIYレベルの人が対象の電動工具といっていいでしょう。トリマーがあると、家具にアンティーク風の装飾加工、表札、看板などの文字の加工ができます。今までのDIYの作品がワンランクアップすることは間違いないです。テンプレートを使うと切り抜きや曲線加工もジグソーよりも制度は上がります。ただ、厚さのある板の加工は一度ではできません。音もそれなりに大きいようです。

DIYに慣れてきたら欲しい電動工具トリマーランキング

第1位 リョービMTR42

DIY.プロ用としも使えます。切り込みの深さも微調整が可能です。ビットの調節も簡単にできて使い易いと人気が高いモデルです。音も抑えられています。他の電動工具だと少し負けてしまうリョービですが、トリマーに関してはリョービを勧める人は多いですね。MTR40.41だと値段も少しさがるので、そちらでもDIYなら充分。

第2位 マキタ3707FC

滑らかな回転で、仕上がりも美しいと評判。起動時の反動がソフトなため安全性が高い 切り込み深さ微調整つき。LEDライトもついている。電子制御つきなので繊細な加工をする人には向いています。

第3位 日立M₆SB

微調整機能もついていて、傾斜切断も可能。プロでも使える仕様になっています。アルミボディなので、今、流通しているものと比較すると重たい。芯がぶれないので、長時間使っていても疲れが少なくて故障も少ないとユーザーの評判。さすが日立との評判ありプロも使っている。

第4位 BOSCH パワートリマーPMR500

ビット交換は簡単で使い易い。切り込み深さの調節可能 3種類のトリマーガイドが付いているので用途は広い。精度は良いと口コミでも評判。今までのトリマーに比べて精度、使い易さと評判は良い。

第5位 高儀EART H MAN電動トリマーTR-100

とにかく値段が安い。値段のわりには、ソフトスタートもついているので、初めてトリマーを使う人がお試しで買ってみるのに最適といえます。集塵のホースは付いていないので、別に購入する必要あり。表札、看板、トリミングなどには十分使えます。

まとめ

トリマーを選ぶときは、値段よりも用途、目的で選ぶことが必要です。また高速で鋭い歯が回転するので、危険度は高い電動工具に入ります。なので、電動工具に慣れていない初心者が取り扱うと危険です。DIYの中級者から上級者レベルになると電動工具の取り扱いも慣れてきて、DIYで造る作品も幅が広くなるので必要になってくる電動工具です。音も掃除機レベルからそれ以上の音がするので、密閉されて空間ですると遠慮しないでDIYできます。トリマーを使いこなすと家具のリメイクでも装飾ができるので、デザイン性のある家具を作ることができます。取り扱いに注意して使えば、DIYの腕がランクアップすることは間違いないです。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
目次1 DIY結婚式2 DIYウェディング協会3 まとめ DIY結婚式 「DIYウェディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。手作り...
ペンキ
日曜大工人気
日本では5月の第2日曜日が母の日となっていますが、何をあげればいいのか分からないという方も中にはいらっしゃると思います。そんなときは普段お世...
ペンチ
日曜大工人気
最近人気が高まってきているカフェ風インテリアですが、DIYをすることでより一層楽しめるインテリアになると思いませんか?今回はそんなカフェ風イ...