DIY

皆さんはセメントを使ってDIYと聞くとどのようなイメージを持つでしょうか? セメントは扱いづらい。きちんとできるか不安だ。と思う人も多いのではないでしょうか。セメントは100円ショップなどでも売っている手に入れやすい材料で、DIYも簡単にできちゃいます。ここでは、セメントを使ったDIYについてご紹介します。

セメントとコンクリートの違い

セメントとコンクリート。どちらも建築や工事などでよく聞く言葉です。普段同じように使われていることが多いですが、実は違いがあります。セメントはコンクリートの原料です。基本そのまま使うことはありません。セメントに砂や砂利、水を加えてコンクリートを作ります。ちなみにセメントに上記の混ぜ物から、砂利を除いた砂と水を混ぜたものがモルタルです。
100円ショップやホームセンターで販売している家庭用のセメントは、すでに製品の中に砂や砂利などを粉砕して混ぜているものが多いのでそのまま使えますが、そうでない場合もあります。購入するときには注意しましょう。

セメントを使ったDIY

セメントを使ったDIYは、通常、型などに水と一緒に流し込み、形を作るのが一般的です。できたものに飾り付けをしたり、色を付けたりします。室内で行うときは、新聞紙や段ボールなどを敷いて、周りが汚れないように気を付けましょう。今回は初心者でもできるものとして、セメントで容器を作る方法をご紹介します。

用意するもの

  • 家庭用のセメント
  • カッターやペンチ、へら
  • ゴム手袋…手にセメントがついて乾くとはがれにくくなります。必ずゴム手袋を用意してください。
  • 型…型は2種類用意してください。1つは外側の形を作るもの。もう1つは容器の口(穴)を作るものです。プラスチックのカップや牛乳パックを切ったものなど身近にあるもので問題ありません。
  • おもりになるもの…小石など何でもいいので、おもりになるものを用意します。
  • 新聞紙や段ボール
  • セメントを溶かす容器

セメントで容器をDIYする手順

  1. 作業する前に新聞紙や段ボールを敷いて汚れないようにしましょう。
  2. セメントと水を容器に入れ、ゆっくりかき混ぜます。セメントと水の割合はセメント商品によって異なります。セメントの袋などに容量が記載されているので、それを目安にします。
  3. セメントが液状になったら、外側の型になる容器に流し込みます。流し込んだら、固まる前に内側に口になる容器を入れます。このとき、おもりになるものを入れ、浮かないようにしましょう。
  4. 乾くまで待ちましょう。即効性でない限りはすぐには乾かないので、1日程度置いておきます。
  5. 完全に乾いたら、内側の容器から取り出します。セメントが固まっているので、ペンチやカッターなどを使って取り出しましょう。
  6. へらで整形をすれば出来上がりです。ペイントしたり、テープやシールなどで飾り付けても良いですね。

まとめ

今回は、セメントを使ってDIYする方法をご紹介しました。意外と簡単だと思われた人も多いでしょう。木やプラスティックを使ってDIYするのも良いのですが、セメントのDIYはセメントでしか表現できない、素朴さや趣があります。固まるまで時間がかかるのが面倒だという人には、即乾性のもの(1時間ぐらいで固まる)もあります。是非一度試してみてください。

DIYを本格的に始めてくると、道具を片付ける場所、作業するスペースが欲しくなってきます。ついでに家に入らずに一休みできる場所があったらいいなと欲が出てきますよね。ここまで考える人は。DIY上級者になっていると思います。小屋と言ってもいろいろあります。犬小屋から物置小屋の扉がないもの、ログハウスまでいろいろありますね。犬小屋も本格的に木材を組み立てて作ると手間もかかるのですが、割合作り易いと言われているのが、2×4法の用です。DIYでつくる小屋について調べてみたので、ご紹介します。

欲しかった小屋をDIYで作ろう!

準備

まずは、欲しい小屋がどんな物かイメージを決めてください。扉を付けるか、使用する材料は、形はなど自分のDIYのスキルに応じて決めていくといいと思います。次に設計図を描きます。高さ、横、形などを設計していきます。それに応じて、使う木材の材料、釘の本数などが変わります。描いていくとDIYできるかどうかも分かっていくと思います。木材などの資材を買ってから、やっぱり無理になると無駄になってしまいます。最初に犬小屋を作って練習するのもいいかもしれません。あとは、作業効率を上げる為に必要な電動工具は、お勧めです。電動ドライバーや丸ノコ、サンダー等はあった方がいいと思います。作る木材などの資材ですが、キットも売られています。自分で作る場合は、基礎のコンクリート、モルタル、骨組みの木材、屋根材、扉、窓などが必要になります。道具は水準器や墨ツボも必要になります。

小屋を作る方法

簡単な2×4の方法で説明します。どの工法でも同じです。まずは基礎作りです。地面をならして、コンクリートで基礎を打っていきます。モルらるなどで固定して固めていきます。その上に木材を組んで骨組みを作ります。基礎は水平になっているかどうか、水準器で確認してください。斜めになっていると倒れてしまいます。基礎が出来たら、壁を貼り付けていきます。2×4の方法だと釘を土付けていくだけいいのでスキルはそれほど必要ではありません。屋根は平が簡単ですけど、三角にすることもできます。三角に骨組みを組んでから本体に固定していきます。後は屋根材を取り付けていきます。屋根材はウェーブルーフなど売られています。ドアを付ける人は、ドアの枠組みを組んで、ドアノブなどの材料が必要になります。スキルがある人は、中に電気の配線を取り込んで、照明や換気扇を付けてください。本格的なもっと大きな小屋を作る場合は届け出が必要なことがあります。

まとめ

キットを使って、自分で建てる方法もありますけど、値段は結構するみたいです。材料からdIYする方が安く仕上がります。2×4法でこだわって作る人もいますので、スキルに自身のある人はチャレンジしてください。ログハウスは窓を作るのも難しいようです。木材など重たいので女性がする場合は、誰かに手伝ってもらった方がいいですね。男性一人でも大変そうです。DIYする時には、水平を確認することと、しっかりと固定することが必要です。今日分で飛ばされたりして、誰かをケガをさせたり、隣の家などに傷をつけたりすると大変です。注意してください。

DIY

おすすめの記事