DIY

1家に2台以上あることも珍しくなくなったテレビ。テレビの数だけテレビ台も必要になります。でも、既存のテレビ台を購入すると値段が高いですよね。実は、すのこを使ったDIYで初心者でも簡単にテレビ台を作ることができます。しかもすのこは100均で購入できるのでとても経済的です。ここではそんなDIYの初心者でも簡単にできる100均のすのこで作るテレビ台の作り方をご紹介します。

用意するもの

まずは、テレビ台を100均のすのこでDIYするために用意するものをご紹介します。

・すのこ5枚
・接着剤
・くぎ
・かなづち
・水性塗料、ニス

テレビ台の作り方

(1)2枚のすのこを縦長にして向かい合わせに立てます。これがテレビ台の側面になります。
(2)向かい合わせにした裏側の下駄の部分で、いちばん下に当たる部分にすのこを1枚、引っかけるようにして横に渡します。横に渡す板は、テレビの脚の大きさに合わせてカットします。
(3)下駄とすのこの板が接するところに接着剤をつけ、仮止めをしてからくぎを打ちます。
(4)中段の下駄、上段の下駄にもそれぞれすのこを横に渡します。同様に接着剤で仮止めをし、くぎを打ちます。
(5)色を塗る前に全体的にやすりをかけ、水性塗料やニスを塗り、仕上げます。

これで完成ですが、好みに合わせて100均グッズでテレビ台をデコレーションしてみましょう。

テレビ台を100均グッズでデコってみよう

○フェイクグリーンですのこまわりをデコる
100均にたくさん売られているフェイクグリーンで飾れば、すのこを塗らなくても見栄えがします。マスキングテープでデコるのもかわいいですね。

○布をピン止めして、中身を隠す
テレビ台の中段・下段を収納に使う場合、丸見えだと少し恥ずかしいですね。そんなときは布をピンで止めてカバー代わりに。材質が柔らかいので、ピンも簡単に刺すことができます。また、100均で豊富にある折り畳み式の収納ボックスを置いてもいいですね。

テレビ裏の配線も100均グッズですっきり!

100均グッズのすのこでテレビ台を作ったら、ついでにテレビ裏の配線も100均グッズを使ってすっきりさせましょう。使うのはワイヤーネットと結束バンド、そしてマジックテープ。ワイヤーネットにケーブルやコードを結束バンドやマジックテープで固定し、壁やテレビ台の側面内側に貼り付けます。テレビ台の背面にすのこを足し、ワイヤーネットの固定場所にしてもいいですね。床に配線を這わせないようにすると、すっきりするしホコリで発火してしまうリスクも減らすことができます。コードボックスやコードをグルグル巻いて収納するグッズに比べ、場所を取らないのが利点です。

まとめ

テレビ台のDIYはいろいろな方法がありますが、その中でもお手軽なすのこを使ったテレビ台のDIYをご紹介しました。すのこを使えば、板材を切るなど1から作る手間が省けるのがメリット。数枚のすのこを組み合わせるだけで、あっという間にテレビ台に早変わりします。収納スペースも既製品と違い、自分の好きなように設定することができます。例えば棚の大きさより一回り小さな箱や本建てなどを棚の中に入れてもいいですね。アイデアでオリジナリティのあるテレビ台を作ってみてください。

CADソフト

CADとは、「Computer Aided Design」の頭文字をとった略称で、コンピュータによる設計支援を指します。主なCADソフトとしては、フリーながら高性能で解説書籍も販売されるなど評判が高く、プロも使用する有名ソフトJw_CADや、世界中で使われ、最も有名で世界をリードするCADソフトAutoCad、AutoCadライクで、直感的な感覚で操作できるフリーの2次元CADソフトDraft Sight、ペイントソフトのように直感的な感覚で操作できるフリーの2次元CADソフトAR_CADがあります。

Jw_CADの使い方

線を引くにはツールバーの線のボタンを選択し、線の始点を置きたい場所でクリックし、終点でもう一度クリックします。線を消すときは線を右クリックします。線と線を直角につなぎたいときは、交点の部分で右クリックすると、はみださないようにつながります。線を書き込む際に傾き入力欄に数字を入力すれば、その数字の角度の斜線が引けます。また線の長さを入力して長さを調節することもできます。長さの単位は「ミリメートル」となっています。線の色や種類を変更するには、線属性ボタンを選択します。文字を入力するには、文字ボタンを押すと、文字入力窓が出てきますので文字を入力し、好きな位置に配置することができます。文字の色や大きさもさまざまに設定することができます。

四角形や円を描くにはそれぞれ四角形、円のボタンを選択します。寸法を書き込むときは、寸法のボタンを選択します。寸法を入れたい位置に左クリックし、長さを測りたい位置の始点と終点を右クリックすれば計測され、寸法が書き込まれます。傾き入力欄に「0」を入力すれば横向きに、「90」を入力すれば縦向きに寸法が書き込めます。複線ボタンを選択し複線間隔を入力すれば、同じ間隔で同じ長さの線を引くことができます。

縮尺を変更するには、画面下のバーの「S=○/○」のように書かれたところをクリックします。そうすると縮尺設定画面が現われますのでそこで変更できます。

図形のボタンを選択すると、あらかじめ用意されているキッチンや洗面台、トイレなどの図形を入力することができます。また自転車小屋や物置小屋、現場小屋など数多くの小屋自体のCADデータもネット上で公開されていますので、そのデータをダウンロードしてファイルを読み込めば参考にすることができます。

まとめ

今回は、小屋の図面を製作するためのCADソフトについてご紹介しましたが、いかがでしたか? 図面作成に難しいイメージを持たれていた方も、チャレンジしてみようと思っていただけたのではないでしょうか。CADがはじめての方はソフトの使い方を覚えるまで少し時間がかかり、苦労すると思いますが、諦めないで取り組んでいただきたいと思います。ソフトの全部を完全に覚えたり理解したりすることは目的ではないので必要はなく、自分が使う必要最低限のものの使い方だけに集中すれば、きっと自分のやりたい設計をするという段階に進めることでしょう。図面作成から始めれば、より本格的にDIYでき、完成度も変わり、思い込みによるミスなどもなくなっていくと思われます。

DIY

おすすめの記事