マスキングテープ

DIY

どこの家にもいつの間にか増えているぬいぐるみ。雑貨店で購入したり、ゲームセンターの景品を取ったりしますよね。でも置き場に困っているということはないでしょうか。
便利なのが100均で販売している商品。ちょっとしたアイデアで、100均で販売している商品でぬいぐるみ入れをDIYすることができます。ここではそんな100均で販売している商品でぬいぐるみ入れをDIYする方法をご紹介します。

100均商品で作るぬいぐるみ入れ  ハンモック

100均商品にはハンモックに使えるネットを多く売っています。例えば自転車の防犯ネットなどもその1つです。そのネットを使って作ったハンモックにぬいぐるみを入れて収納します。必要な道具はネットとヒートン。ヒートンは後ろがネジのようになっているフックで、壁などにねじ込むことでフックをつけることができます。こちらも100均で売っていますよ。ヒートンを壁などに2か所つけ、フック部分にネットをかければ出来上がりです。ハンモックにぬいぐるみを入れましょう。ハンモックやぬいぐるみの大きさにもよりますが、10個以上のぬいぐるみを入れることができますよ。

またネットが売っていない場合は、100均で売っている布を使ってハンモックを作ることもできます。用意するのは、布、突っ張り棒、ピンです。すべて100均で用意できます。
突っ張り棒をハンモックを作る壁と壁の間に横に渡します。突っ張り棒をわたしたら突っ張り棒に布の端をピンなどでくくりつけます。布のもう1つの端を布がハンモック形になるように安全ピンで壁に付ければ出来上がりです。

洗濯ネットをぬいぐるみ入れに利用するアイデアもあります。用意するものは、洗濯ネット、針金ハンガー、フックです。どれも100均で用意できます。洗濯ネットの中に針金ハンガーを入れ、ネットの穴からハンガーの引っ掛ける部分を外に出します。これで、ぬいぐるみネットの完成です。
好きなところにフックをつけ、その場所に合わせてネットの幅などを調整します。
あとはぬいぐるみを入れて収納します。
フックはネジなどで留めるものや、シール式のものがあります。シール式のものははがした跡が残らないものもるので、賃貸でも使えるため重宝しますね。シール式のもの100均で購入できますよ。

100均商品で作るぬいぐるみ入れ  すのこキャスター

実はすのこは収納のDIYには最も使われる素材です。しかも100均で複数のサイズのすのこを購入することができます。そんなすのこを使っでぬいぐるみ入れをDIYする方法があります。用意するものは、すのこ1枚、取っ手、キャスター4つ、ネジ、ドライバーです。すべて100均で用意できます。すのこの脚部分の四隅にドライバーとネジにキャスターをつけます。次にすのこの上面端に取っ手をねじや接着剤などで付けます。これで完成です。カラーボックスなどをすのこキャスターの上にのせ、そこにぬいぐるみも収納します。ベッドや下駄箱の下などに入れると、スキマ収納に利用できます。取っ手もついているので、取り出すことも簡単にできますね。

まとめ

今回は、100均で販売している商品でぬいぐるみ入れをDIYする方法をご紹介しました。
今回紹介したもの以外にも、紹介しきれないほど100均商品をつかったぬいぐるみ入れをDIYするアイデアがあります。すのこやカラーボックスでぬいぐるみ用の棚を作ったり、金属製のネットパーテーションを使ったりと工夫しだいで、お部屋にあったぬいぐるみ入れをDIYできますよ。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
ドリル
日曜大工人気
家の中のものが多くなってくると、収納スペースが足りなくなります。そんな時、倉庫があれば多くのものが収納出来て便利です。しかし倉庫を購入したり...