DIY

DIYでいろいろなものを作っていると、他の人がDIYで作った作品を売っているのを見かけることがある人は多いのではないでしょうか。実は、DIY作品、しかも100均などの素材で作ったDIY作品も十分商品として売ることができるのです。ここではそんな100均素材などで作ったDIY作品を売る方法をご紹介します。

ネットオークションでDIY作品を売る方法

1番多くの人がDIY作品を販売しているのが、ヤフーオークションなどのオークションサイトです。他の人が販売している作品を見ることもできるので、慣れてくるとだいたいどれぐらいの値段で売れるなどの相場も分かるようになります。最初の内は思ったより高く売れることもありますが、安く売れることもあります。それも勉強と思える人や写真を撮ったり、出品する手間が苦でない人向けです。

ソーシャルマーケットプレイスでDIY作品を売る方法

minne、Creemaなどのハンドメイド専門の販売サイトや、メルカリなどの一般の販売サイトで売る方法です。minne、Creemaなどはハンドメイド専門ですので、DIY作品などハンドメイドの作品を買いたい人が訪れるので、作品が売れるチャンスは増えますが逆にプロの方も多く出品しているので、他の作品に埋もれる可能性もあります。メルカリなどの一般の販売サイトの場合、それ以外の商品目当ての人のほうが多く集まりますが、目に触れて売れやすくなる場合もあります。それぞれ良し悪しがあるので自分に合ったマーケットプレイスを選択しましょう。どちらの場合も顧客対応が発生するので少し手間が掛かることもあります。

フリーマーケットでDIY作品を売る方法

昔からある販売方法です。各地で行われるフリーマーケットに参加し販売します。直接お客様と触れ合えるので、自分の作品の評価がよくわかります。
ただ、出展料が高いことや値切り交渉に合うことも多いです。あとは、当日天候が悪いと人が集まらないですし、DIY作品は板材などで使っていることも多いので雨にぬれるとシミになることもあります。早朝からの用意と少し郊外でフリーマーケットが行われることも多いため、車がないと厳しいこともあります。

自分のホームページやブログなどでの販売

ホームページやブログを自分で運営している場合はそこで売ることもできます。アクセス数を伸ばすためには、ホームページやブログをこまめに更新する必要がありますが、アクセス数が伸びてくるとファンの人も増えてきて、口コミで広がったり、リピーターが増えたりするので、突然販売数が増えたりします。アクセス数が増えるまでの我慢が必要です。インターネット上で本名、住所、電話番号を載せる必要があるので注意しましょう(「特定商取引法に基づく表記」が義務づけられているため)。

まとめ

今回は、100均素材などで作ったDIY作品を売る方法をご紹介しました。売る方法をいくつか見てきましたが、最初に試しに100均素材などで作ったDIY作品を売る場合はネットオークションが良いでしょう。DIY作品を商品を売る場合、お金をうけとるため当然プロとしての意識や覚悟は必要です。ただ、最初は売れるかどうか不安ですし、後でクレームなどが来るかどうか不安になるはずです。ネットーオークションでは、極端にいうと1円からでも出品できますし、きちんとした写真や説明を掲載すると、ある意味買いたい人が値段を決めてくれるのでそうそうクレームになるということはありません。ぜひ自分に合った売る方法を見つけてください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事