DIY

DIYの定番は木材や板材を使っていろいろなものを作り塗装をして仕上げます。しかし慣れてくると、もっと簡単に作りたい。と思ったり、角ばったものだけでなく少し丸みのあるものも作りたいと思ったりすることも多くあるでしょう。そんなとき役に立つのがミニルーターです。しかも今は100均にも売っています。ここではそんなミニルーターの使い方や基礎知識についてご紹介します。

ミニルーターって何?

ミニルーターとはいろいろな使い方ができるDIY用の電動の道具です。いろいろな工具を先端につけ、それを高速回転させることで木材を削ったり加工したりするものです。木材や板材に溝を彫る溝切り加工や角をとって少し丸みを付けることができる面取り加工などができます。そのためミニルーターを使いこなせるようになると、DIYで作れる作品の幅が広がります。昔はホームセンターなどで購入していました。最近は、さすがに100円ではないですが、それでも数百円とかなり安いものが100均でも販売しています。性能も十分DIYに使えます。

100均ミニルーター、ビットの種類
ミニルーターに取り付けるビットは穴を開けたり、材料を切ったり、削ったり、みがいたりすることができます。ミニルーターの先にそれぞれの用途に合わせたビットを付けます。DIYをするためのミニルーターには通常複数のビットも一緒についています。100均ではこのビットも数多くの種類があります。中には他では見ないビットなどもあります。オリジナルのものはパッケージの裏面などに用途が書かれているので、必ず確認してから使用するようにしましょう。使い方によってはトリマーのように溝切り加工や面取り加工なども行うことができますよ。100均だとトリマーよりお手頃価格でミニルーターを手に入れることができますね。
ミニルーターには、家庭用のものと本格的なものがあります。DIYでは家庭用のもので十分です。倉庫や納屋など建物を作るときにはホームセンターなどで販売している本格的なものを使った方が良いでしょう。

100均ミニルーターの使い方

ミニルーターは電動工具です。力が強く木材や板材がすぐ動いてしまうため、これまた100均で購入できるクランプなどで固定したほうが良いでしょう。また、削りくずが多く発生するため、ガレージなど普段の生活で使わないところで作業することをおすすめします。マスクをするのも必須です。できれば目に削りくずが入らないように保護メガネも用意しましょう。
ミニルーターを使うときはミニルータービットをつけ任意の長さに調整します。一度に深く切り込むことはやめましょう。少しずつ削っていきます。だいたい1回2~3cm程度の深さにしましょう。溝切り加工の場合、どうしても削ったところにバリができてしまいます。サンドペーパーなどを用意し、バリをとりましょう。
これは、溝切り加工、面取り加工共通して言えることですが、怪我の予防のために、手前から外側に向けてミニルーターを動かすようにしましょう。また作業スピードは少しだけゆっくり動かすが基本です。はやく動かすと切削面が粗くなり、ゆっくりすげると焦げてしまいます。最初は練習して適切なタイミングを覚えましょう。

まとめ

今回は、100均のミニルーターの使い方や基礎知識についてご紹介しました。
ミニルーターは木材や板材の加工に便利ですが、電動の工具のため取り扱いに注意が必要です。100均のミニルーターの正しい使い方や基礎知識を身につけてDIYを楽しみましょう。

チェストなど引き出しのある収納家具をつくるとき、引き出しにはどんなスライドレールを使えばいいかわかりますか? レールにはいくつか種類があります。それぞれの特徴や選ぶポイントを知って、DIYの引き出し作りに役立ててください。

DIY引き出し製作でスライドレールを選ぶときのポイント

脱着できるか?

キャビネット(家具の本体)側のレールから、引き出し側のレールをつけたり外したりできるかどうか? 外れるものと外れないものがあるので確認しましょう。

「トラベル」のタイプは?

レールの動く方向を「トラベル」といいます。一方向にだけレールが動くものを「片トラベル」、前後方向にレールが動くものを「両トラベル」といいます。

耐荷重は?

レールにはそれぞれ耐荷重が設定されています。規定以上の荷重がかかると、レールの動きがスムーズに行かなかったり、レールが壊れたりするので耐荷重をかならず確認しましょう。

レールサイズは?

基本的には「レールの長さ=引き出しの奥行の長さ」と考えてください。

スライド量は?

「スライド量」とはレールが納まっている状態からスライドできる最大の長さです。用途に合わせて確認しておきましょう。

引き残しとは?

引き出しを引いたとき、キャビネットに隠れてしまって引き切れない長さのこと。レールの種類によって引き残しの有無は異なります。

スライドレールの種類

ローラータイプスライドレール

いちばん一般的なスライドレールで価格も安価。レールの上をローラーが走ることでスライドします。引き出しをいっぱい出すと、ロックがかかって止まります。

ベアリングタイプスライドレール

ベアリング方式でなめらかな開閉ができるスライドレール。前後両方にスライドできるミニベアリングタイプは、耐荷重が小さいので小さな引き出しのレールに。耐荷重の大きなベアリングタイプのスライドレールは、引き出しをまるまる出すことができるようになっているので、デスクのいちばん容量の大きな引き出しに最適です。

クアドロタイプスライドレール

ローラー、ベアリングよりもさらになめらかな動きができるスライドレール。システムキッチンの引き出しにも採用されているタイプです。引き出しの側面ではなく、底面につけて使用します。

ソフトクロージングスライドレール

ベアリング方式のスライドレールですが、バネでレールを引っぱっているので手前に開いた引き出しを離すと、ゆっくり静かに閉じていきます。

プッシュオープン式スライドレール

引き出し前面の化粧板を押すと、自動で開く仕組みのスライドレール。引き出しに取っ手をつける必要がなく、便利です。

まとめ

スライドレールにはさまざまな種類があります。いちばん安価で取り付けやすいのはローラータイプのものですが、机の一番下のキャビネットのように耐荷重が求められる場合はクアドロタイプのものも検討するなど、引き出しの大きさや使う場所によってレールを正しく選びましょう。ネットショップやホームセンターでは、多くのスライドレールが販売されています。スライドレールを選ぶポイントに注意して、DIYで引き出し作りを成功させましょう。

DIY

おすすめの記事