賃貸の物件だから、勝手に部屋を改造できない。持ち家だけど壁に穴をあけたりしたくないなどの理由でDIYできないと思っている人も多いのではないでしょか。実はそんなことはありません。壁を傷をつけたり、穴をあけたりすることなくDIYする方法があるのです。
しかも100均の商品を使って経済的にDIYすることができます。ここではそんな部屋の壁を傷つけず、しかも100均商品を使って経済的にDIYする方法をご紹介します。

100均商品を使って部屋の壁を傷つけないDIY 壁の模様がえ

賃貸の方で断念するお部屋のDIYで一般的なものは、壁の模様がえです。壁を傷つけると退去時などに余計にお金がかかってしまうからです。では壁を傷つず100均商品を使った壁の模様がえのDIYを見ていきましょう。

○ステッカー
壁にステッカーを貼り、模様がえをします。ステッカーを選ぶときは粘着性の低いものを選ぶ必要があります。実は100均の商品には、ウォールステッカーという壁にはる専用のステッカーが売っています。ステッカーだと貼りなおしも簡単にでき、お値段もやすいので、経済的ですね。
種類も豊富で、ロココ調のものや、枝にとまった小鳥、トルソー、自然や動物といったネイチャー、クリスマスやひなまつりなどの季節のイベント、植木鉢などのガーデンツール、ロンドンの街並みやバス、警官などたくさんあります。センス次第でステッカーを貼っているだけとは思えない部屋を創り出すことができます。また、お部屋だけでなく玄関やトイレにも使えるので便利ですよ。

○リメイクシート、インテリアシート
リメイクシートとは壁紙に近いもので、壁紙などの上に貼れ、貼った箇所の雰囲気を変えるものです。100均のお店によって、リメイクシートやインテリア(アイデア)シートと商品名は違います。お店ではまるめて筒状になって売られていたり10cmくらいに折られた状態で売られていることが多いです。
木目風のものや、タイル風のもの、レンガ風のもの、大理石調のものなどさまざまあります。色もホワイトのものや、素材の色をそのまま表現するナチュラル、落ち着いた色のダークブラウンと多彩です。すぐにはがせる設計になっているので、賃貸でも利用できますね。壁だけでなく、ごみ箱や冷蔵庫などに貼って全く違った雰囲気のものにDIYすることもできますよ。

○マスキングテープ
マスキングテープは本来、ペンキ等を塗るときに塗りたくない箇所に貼り保護するために使用するテープです。そのためすぐにはがせる設計になっており、DIYにはよく使われるものです。ホームセンターで販売しているマスキングテープは単色のものも多いですが、100均で売られているものは、ほとんどのものが模様付きでしかもカラフルなものがたくさん出ています。中にはディズニー柄のものもありますよ。組み合わせ次第で他にはない色彩を出すことができ壁のDIYにはもってこいの商品です。

まとめ

今回は部屋の壁を傷つけず、しかも100均商品を使って経済的にDIYする方法をご紹介しました。100均には思ったよりもいろいろな商品があると思われた人も多いのではないでしょうか。今はDIYブームにのって、部屋の壁を傷つけずDIYできるような商品がたくさん出ています。ここに紹介した方法以外にもいろいろな方法がありますし、これからもさまざまな商品が出てくるでしょう。こまめに100均に出かけてDIYに使える商品がないか探してみましょう。

DIYの中で最も多いのが木材を使ったものでしょう。木材でのDIYでは家具や棚などお部屋にあるいろいろなものを作ります。多くの場合、塗装をしなくても木材の味がでて問題ないのですが、無垢フローリング塗装すればよりきれいに仕上げることができます。どうせなら無垢フローリング塗装をしたいですよね。ではこの無垢フローリング塗装、100均商品ですることは可能なのでしょうか。ここでは100均商品でできるかどうかに焦点をあてながら、無垢フローリング塗装についてご紹介します。

そもそも無垢フローリング塗装とは

無垢フローリングとは、何も塗装しない状態のことです。この状態のままで使用すると汚れが浸み込みやすいので 無塗装のまま使用するということはほとんどありません。そこで無塗装の様にフローリング塗装することを無垢フローリング塗装といいます。

オイルステインとニスを使った無垢フローリング塗装

無垢フローリング塗装に一番よく使われるのは、オイルステインです。このオイルステイン、100均で購入できます。オイルステインは、深みのある色合いを出してくれる塗料で、通常は上からニスをぬります。ニスは木材や板材の表面に膜をつくる塗料で、表面に光沢を出してくれます。また、オイルステインとニスの組み合わせは木材や板材の強度を上げる役割もあります。ニスも100均で購入できるので、この方法は100均の商品を使って経済的にできる無垢フローリング塗装の方法です。
オイルステインの塗り方はまず刷毛で木目に沿って広げるように塗ります。ポイントはここで2~3分待つこと。2~3分待つことで、その後の色ムラが起こりにくくなります。2~3分待ったら、綿布などで円をかくように木材に擦り込み着色します。オイルステインは少し刺激の強い塗料で乾くまで鼻をつくニオイがします。換気をすることを心がけましょう。着色が薄いと感じたら、重ね塗りします。オイルスレインがしっかり乾いたら、上からニスを塗ります。ニスは刺激が強いため、手など肌につかないように気を付けましょう。

オスモカラーやワトコオイルを使った無垢フローリング塗装

オスモカラーやワトコオイルも、無垢フローリング塗装のDIYではよく使う塗料です。オスモカラーは、植物油を使っており有害な化学物質を使っていない塗料で、塗料の中で最も安全といっても良い塗料です。家族でDIY塗装をするときに使うには最適なものです。ワトコオイルは、木の自然な感じや温もりを表現できる塗料です。少し硬めの木を使ったDIYの塗装によく合います。塗りやすく汚れにくいので、DIY塗装には使いやすい塗料でもあります。
残念ながら、調べた範囲では、オスモカラーやワトコオイルは100均で購入できません。そのためホームセンターなどで購入します。ただ100均ではどんどんDIY商品を増やしているので、今後に期待です。オスモカラーもワトコオイルも木材や板材などの塗装に使う場合が多く、木目に沿って塗っていきます。15分程度たったら余った塗料を綿布などでとると、色ムラのない着色ができます。撥水性が高く、汚れにくいのも特徴です。オスモカラーとワトコオイルは、特徴が似ていますが、安全面でいうと、オスモカラーの方が優れています。しかし値段はオスモカラーの方が少し高いです。

まとめ

今回は、木材のDIYに合った無垢フローリング塗装についてご紹介しました。
初心者の方は、まず最初にオイルステインとニスの使い方をマスターしましょう。どちらも100均で手に入るので、チャレンジしやすいですね。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
ドイツやイギリスなどでは当たり前のDIYですが、日本ではここ何年か前にブームになりテレビでも取り上げられるようになりました。女子の間でも人気...
diy
日曜大工人気
DIYを本格的に始めてくると、道具を片付ける場所、作業するスペースが欲しくなってきます。ついでに家に入らずに一休みできる場所があったらいいな...