DIY

ネットや雑誌などで話題になっているDIY。これからDIYを始めたいという人も多くいるでしょう。しかし、いざDIYをしようと思うとどのようにしたらいいかわからないものです。そんなときは100均で材料が手に入り、作るのも簡単な箱を作ってみましょう。箱はDIYの基本をマスターするのに最適ですしちょっとした収納に使えます。ここではそんな箱をDIYする方法についてご紹介します。

100均の材料でのDIY箱の作り方

では、100均の材料を使ったDIY箱の基本の作り方を見ていきましょう。DIYの基本の作り方をマスターするのに最適なのは、箱つくりです。ここでは箱の作り方をご紹介します。
(1)長さをはかる
DIYではまず初めに、長さや寸法をはかるのが基本です。箱の場合もまず、長さをはかり箱の大きさを決める必要があります。箱を作るときにはかる長さは、箱を収納する棚などの長さと、作った箱に入れるものの大きさです。箱を収納する棚などの長さをはからないと箱をしまうことができません。また中に入れるものより小さい箱を作るとそもそも箱の意味を成しません。このようにDIYの箱つくりでは長さや大きさをはかることが重要です。長さはメジャーやものさしを使って測りましょう。

(2)100均で材料を購入する
長さが分かれば、箱を作る材料である板材の大きさが分かります。箱は上の天板、底の底板、四方の横の側板の6枚の板からなります。上の天板をつけるときは開くようにしないといけないため、まずは上の天板がない箱を作りましょう。実は板材は100均で購入できます。しかも100均で販売している板の種類はいろいろあります。まずは作りたい箱の厚さや大きさで選びましょう。板材のサイズが合わないときは、少し大きめの板材を購入し、のこぎりでサイズが合うように切断します。まず板にのこぎりで切れ込みをいれ、あまり力を入れず、のこぎりの重さで切るようなイメージで切断しましょう。
板を組み立てるために、次のものも用意しましょう。すべて100均で手に入りますよ。

接着剤、ネジ、ドライバー、きり、マスキングテープ、やすり又はサンドペーパー、水性塗料またはニス

(3)組み立てる
材料がそろったら、いよいよ組み立てです。今回は天板はなしでそれ以外の5枚を組み立てます。板材がケバ立っているときは、やすりやサンドペーパーをかけます。
まずは、それぞれの板に接着剤をつけ、組み立てます。最終的にはネジで留めます。その前に接着剤で仮止めします。ネジを留めるときに動いてはいけないので、接着が弱い時は、マスキングテープを貼りましょう。ネジを留めるときは底板から留めます。ネジの数は決まっていませんが、4スミとその間に1つずつ留めるのが一般的です。ネジはゆっくり留めていきます。早く留めたり力を入れたりすると板が割れることがあるので注意しましょう。ネジで留めた後も板材がケバ立っているときは、やすりやサンドペーパーをかけます。

(4)水性塗料でペイント
組み立てが終わったら、好きな色の水性塗料でペイントしたり、ステッカーやシールを貼れば、オリジナルの箱が出来上がりです。少なくともニスを塗りましょう。ニスを塗ると
汚れにくくなるだけでなく、耐久性もあがります。100均の材料で作ったとは思えない箱ができあがります。

まとめ

今回は、100均の材料でDIY箱の作り方をご紹介しました。DIYの基本は長さや大きさをはかり、材料を用意し組み立てるです。もしDIYを始めることを迷っている場合は、100均の材料を使って、箱つくりからチャレンジしてみてくださいね。

DIY

おすすめの記事