DIY

収納の悩みは尽きないもので、特に子どものおもちゃ収納にお困りではありませんか?子どもがおもちゃで楽しく遊ぶことを考えれば、種類ごとに区別しておいてあげたいけど、見た目はおしゃれにすっきりと収納したい。もちろん費用も抑えたい。そんな子どものおもちゃ収納にお困りのかたにおすすめしたいDIYアイデアが今回ご紹介する、100均アイテムを使ったトロファスト風収納です。特に費用を抑えることにスポットを当ててご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

トロファトスって何?

IKEA(イケア)の子どものおもちゃ収納の人気シリーズであるTROFAST(トロファスト)収納。フレームと引き出し式のボックスを組み合わせてカスタマイズできる作りで、デザインもとってもおしゃれですよね。しかし、トロファストの専用収納ボックスは小さなボックスでも1つ300円、フレームも一番お安いサイズで3,999円からとなっていて、それらを組み合わせて使うとなるとなかなかの良いお値段になってしまいます。お値段はしますが、このデザインがシンプルでおしゃれな収納がいろいろなテイストの収納に合わせやすいと人気なのです。そこで、費用を抑えつつトロファスト風のおしゃれな収納をDIYするアイデアをご紹介したいと思います。

トロファスト風収納のDIYアイデア

費用を抑えたい場合のDIYの強い味方になってくれるのが、100均アイテムですよね。今回ご紹介するIKEAのトロファスト風収納のDIYも、100均アイテムを取り入れることが費用を抑えるためのポイントとなっています。フレームに使う木材も費用を抑えるために、安価で手に入るSPF材(エスピーエフ材)を利用します。この点もとても重要と言えます。準備するもは、SPF材1×6(720㎜)を4本、SPF材1×6(610㎜)6本、角材18×18㎜(280㎜)16本、ダイソースクエア収納ケースA4サイズを4個、ダイソー蓋つき収納BOXを4個、木ネジ、釘、ボンドになります。SPF材の720㎜が上下の板で610㎜が縦の板として使い、外枠と仕切りを組み立てます。角材は収納ケースを引っ掛ける役割とスライドさせるためのレールの役割をします。角材を取り付ける際は、収納ケースがきちんと収まっりしかもスライドできるのかを確認しながら取り付け作業を進めましょう。収納ケースには、カッティングシートやマスキングテープを使って数字や文字、柄をプラスしても良いですね。子どもがどの収納ケースにどのおもちゃを収納すれば良いのか一目でわかりやすくしてあげることで、自分で片づける習慣を付けることもできます。子どもも大人も大満足のIKEAのトロファスト風収納の完成です。

まとめ

今回は、大人気のIKEAのトロファスト風収納を費用を抑えて作るDIYアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?この引き出し収納の作り方をマスターすれば、他のサイズの収納ケースを使ってDIYする際も、枠組みのサイズを変えて応用することで簡単に引き出し収納をDIYすることができるようになりますね。ぜひこれを機会に自分好みの収納のDIYを楽しんでみてください。

DIY

おすすめの記事