diy

DIY

みなさんはSeria(セリア)というお店をご存知ですか?「100円ショップ」や「100均」と呼ばれ多くの人たちに親しまれているお店ですよね。Seria(セリア)の特徴は、プライス以上の価値のある商品開発と日本製のアイテムが多いこと、そして、おしゃれでかわいい商品がたくさん揃っていることです。今回は、そのSeria(セリア)で購入できる「すのこ」を使ったDIYをご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてください。

「すのこ」はDIY万能アイテム

多くの人が持つ「すのこ」のイメージはきっと「押入れの床部に敷いて、空気の通り道をつくり湿気を防止するために使うもの」ではないでようか。しかし、その使い方だけしか知らないというのはもったいないですよ。今、「すのこ」はアイデア次第で無限大に利用できることから、DIY材料として注目を浴びています。「すのこ」の概念にとらわれずに、DIY材料として取り入れることで、おしゃれな作品が完成します。Seria(セリア)で購入できる「すのこ」は3タイプあり、40×25㎝・45×20㎝・33×37です。材質はノコギリでの加工もしやすく、DIY初心者でも簡単にカットできます。カットに失敗しても、このお値段ならリトライする気持ちにもなれます。この手軽さが人気の秘密とも言えますね。

「すのこ」を使った何をDIYする?

さて、「すのこ」を使ってDIYする場合、そのままの形を利用する場合と部分的に分解して利用する場合があります。「すのこ」を分解して利用することで、さらにDIYできるものの幅は広がります。まずは、そのままの形を利用する際におすすめのDIYからご紹介します。一番簡単なDIYは三段ラックです。40×25㎝タイプまたは45×20㎝タイプの「すのこ」を使うことをおすすめします。どちらか片方の「すのこ」を5枚準備します。どちらのサイズを準備するのかは、DIYで作りたいラックの高さや奥行で決めましょう。例えば40×25㎝タイプを使う場合は、棚の高さが40㎝、奥行きが25㎝の三段ラックが完成します。「すのこ」を5枚準備したら、そのうちの2枚を立て、下駄(裏面の板同士をつなぐ役割の木材)部分に残りの3枚を乗せて固定します。固定の方法はビスでもできますが、木工ボンドやグルーガンを利用して固定することもできます。ドライバーが苦手な方もこれなら簡単に作業できますよね。たったこれだけで3段のラックの完成です。次に、「すのこ」を分解して利用するDIYですが、板と板の隙間が不要な時や、サイズを調整したいときにおすすめです。板をはがす際は、強引に引っ張ると板が割れてしまうので、丁寧に作業しましょう。板を外すと針のようなものが飛び出ているので、怪我をしないように処理しておくことを忘れずに。

まとめ

今回は、Seria(セリア)で購入できる「すのこ」を使ったDIYをご紹介しましたが、いかがでしたか?とにかく簡単にDIYに取り入れることができて、しかもリーズナブルときたら、利用しない手はないですよね。ぜひ、Seria(セリア)に行った際は、「すのこ」をチェックして次のDIY作品に取り入れてみてください。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
DIYを本格的に始めてくると、道具を片付ける場所、作業するスペースが欲しくなってきます。ついでに家に入らずに一休みできる場所があったらいいな...
棚
日曜大工人気
1家に2台以上あることも珍しくなくなったテレビ。テレビの数だけテレビ台も必要になります。でも、既存のテレビ台を購入すると値段が高いですよね。...
ペンチ
日曜大工人気
お部屋の1角やちょっとしたところを仕切りたいときに便利なのが衝立。既製のものを買っても、部屋のスペースと合わない! 仕切りたいところにピッタ...
DIY
日曜大工人気
DIYでは、木材や塗料、コンクリートなどの材料や、のこぎり、きり、ハンマーといった道具などをそろえる必要があります。では、DIYをするための...