クローゼットや押し入れなどに収納する衣服。衣服が多くなると、収納スペースを確保するのも大変です。そんなときあったら便利なのは、ハンガーラック。ハンガーラックは工夫次第で100均商品を使ってDIYで作ることができます。ここでは100均商品のDIYでハンガーラックを作る方法についてご紹介します。

100均すのこDIYでハンガーラックを作る方法

100均のすのこを使えば、簡単にハンガーラックを作ることができます。ここでは100均すのこを使ったハンガーーラックの方法を見ていきましょう。
用意するものはすべて100均で購入できます。

○用意するもの
すのこ2枚、板材1枚(好きな大きさ)、ねじ、やすりまたはサンドペーパー、ドライバー、突っ張り棒、L字金具、塗料(必要に応じて)

○作成手順
(1)板材をつける
2枚のすのこをの表を外側にして縦に向かいあわせます。すのこの裏には、横に渡した角材が出っ張りのようになっているので、すのこの脚をL字金具で直角に固定し、脚の部分に板を渡します。ネジを止めて固定します

(2)やすりまたはサンドペーパーをかける
すのこや板材の表面にバリがある場合は、やすりやサンドペーパーでこすり表面を平らにします。バリがある場合、指などにささり怪我をすることもあるので注意しましょう。

(3)突っ張り棒をつける
上部に突っ張り棒や円形の棒をわたせば、ハンガーラックの出来上がりです。
突っ張り棒にハンガーをかけて使います。

(4)好みで塗装する。
塗装は必ずしないといけないことはありませんが、することで強度をあげる効果もあります。少なくともニスは付けた方がよいでしょう。
小さめのサイズのハンガーラックを作る場合は、100均でよく見かける長さ40cm程度のミニすのこを使うと良いでしょう。2枚のミニすのこの脚をL字金具で直角に固定し、脚の部分に板を渡します。上は突っ張り棒のような円形の棒をわたせば、小さめのサイズのハンガーラックの出来上がりです。

100均アイテム×カラーボックスでハンガーラックをDIY

ここでは100均アイテムである突っ張り棒やキャスターとカラーボックスを使って、ハンガーラックを作る方法を見てみましょう。

【小さいハンガーラック】

○用意するもの 
カラーボックス、突っ張り棒、キャスター、ねじ、ドライバー

○作業手順
(1)カラーボックスを組み立てる
カラーボックスの外側だけを組み立てます。内側の板はつけないようにします。

(2)突っ張り棒を付ける
外側だけ作ったカラーボックスの上部に突っ張り棒を付けます。

(3)キャスターをつける
四隅にネジとドライバーでキャスターをつけます。カラーボックスのサイズのスキマがあれば、衣服を収納でき、スキマ収納も可能ですね。

【自分のサイズに合ったハンガーラック】
○用意するもの
カラーボックス、突っ張り棒、板材2枚、ねじ、ドライバー

○作業手順
(1)天板を付ける
カラーボックスの側板の2枚はそのまま使い、天板に別の長さの板を使います。
カラーボックスの側板にネジとドライバーで天板を付けます。

(2)奥の板を付ける
強度を保つために側板に奥の板を付けましょう。
天板や奥の板の長さを調整することで、すきな大きさのハンガーラックになります。

(3)突っ張り棒を付ける
カラーボックス上部に突っ張り棒を付けて完成です。
上記2つのキャスターどちらもお好みでペイントしましょう。おしゃれなハンガーラックが出来上がります。

まとめ

今回は、100均商品を利用してハンガーラックをDIYする方法をご紹介しました。100均で入手できる材料で、ハンガーラックをDIYすることができます。ここで紹介した以外にも、紹介しきれないほどのアイデアがあります。工夫しだいで自分だけのハンガーラックをDIYできますよ。

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
DIY女子
日曜大工人気
最近はハンドメイドのアクセサリーの人気が高まり購入する方も増えてきました。そんな中で自分でも作ってみたいと思ってらっしゃる方も多いのではない...
diy
日曜大工人気
木材を切ったりするのは大変。できればもっと簡単にDIYしたいという他人にお勧めが、すのこを使ったDIYです。すのこはお風呂で使うだけのイメー...