DIY

腰を掛けたり、高いところのものを取るのに使ったりと結構いろいろ使える便利なスツール。カラフルなものならおしゃれに部屋のインテリアにも使えます。じつはこのスツール、100均商品を使ったDIYなら自分色にアレンジしたものを作れるのです。今回はそんな初心者でも簡単にできる自分だけのスツール作りをご紹介します。

「スツール」って何?

「スツール」とはひじ掛けや、背もたれなどがない1人用の椅子のことです。ひじ掛けや背もたれがない分、移動が簡単にでき、腰かけたり高いところのものを取ったりするのに使われます。また固定すればサイドテーブルに使われることもあります。最近では、このスツールをおしゃれにDIYし部屋のインテリアとして飾るケースも増えています。

無地のスツールをおしゃれにDIY

スツールをDIYする方法として、木材などの材料を用意して1からスツールを作る方法と、無地のスツールを用意してDIYする方法の2つがあります。
木材などの材料を用意して1からスツールを作る方法はDIY初心者には少し難しいですが、無地のスツールを用意してDIYする方法はだれでも簡単に自分オリジナルのおしゃれなスツールを作ることができます。ここでは、無地のスツールを用意してDIYする方法についてご紹介します。

無地のスツールに好きな色を塗ろう!

無地のスツールに好きな色を塗るだけで自分だけのスツールをつくることができます。

<用意するもの>
○無地のスツール
無地のスツールは100均には売っていません。しかしホームセンターなどで2,000円前後で購入できますよ。

○やすり
○はけ、水性ペンキ(好きな色のもの)
○水性ニス
やすりやはけ、水性ペンキや水性ニスは100均で売っています。無地のスツールと100均商品を使えば、3,000円程度でおしゃれなスツールがつくれ、経済的ですね。無地のスツールに色を塗る前にはやすりがけをしましょう。あとは水性ペンキで色をつけ、乾いたらニスを塗ります。色を塗るときは2回以上重ね塗りしたほうがはがれにくくなり良いでしょう。座面と脚の色を変えたりといろいろなスツールができますね。

スツール作りに100均のマスキングテープを活用しよう

マスキングテープを使うと、DIYするスツールにバリエーションが増えます。マスキングテープも100均で購入できます。マスキングテープをスツールの座面に貼って飾り付けをすることができます。
またマスキングテープを張り、その上からペンキを塗ります。そのあとでマスキングテープをはがすと、そこだけペンキが塗られていない面ができます。そのまま模様としても良いですし、違う色をそこに縫ってカラフルなスツールにすることもできます。

クッション材などを使ってスツールをDIYする

クッション材とクッションカバーを使うことで、簡単にオリジナルのスツールをDIYできます。

<用意するもの>
○無地のスツール
○クッション材
○クッションカバー、またはカラフルな布地
○タッカー
100均ではクッション材も販売しています。名前はクッション材という場合やクッションシートという場合があります。無地のスツールの上にクッション材をのせます。このとき接着剤などで固定しないようにしましょう。あとは、クッションカバーや布地をかぶせ、タッカーで止めるだけです。タッカーとは大きなホッチキスのようなものです。クッションカバーや布地を自分で刺繍したものなどを使うと、自分の好みに合ったスツールを作れるので良いですね。

まとめ

今回は100均商品を使ってスツールをDIYする方法をご紹介しました。無地のスツールを購入してDIYすれば簡単に自分だけのおしゃれなスツールをDIYすることができますね。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
お部屋の模様替えなどを行うDIY。雰囲気を変えたり、収納を作ったりいろいろなことを行います。でも壁に傷をつけたり、穴をあけたりするのが嫌なの...
diy
日曜大工人気
目次1 ウッドデッキキットを使おう2 基礎の作り方3  おすすめのウッドデッキキット4 まとめ ウッドデッキキットを使おう ウッドデッキキッ...