DIY

ラックを活用すると部屋をきれいにおしゃれに片付けることができます。そんなラックの作り方をご紹介します。

手軽にできるシューズラックの作り方

玄関に空間は限られる場合が多いです。靴箱を置いたり、クローゼット風に靴を収納できるようにしてあるところもあります。
日常履く靴は、サンダルなど玄関の土間に並んでいると使用しやすいです。そこで縦方向に靴を収納できるシューズラックをDIYで作ります。
使用する材料は、柱と柱をつなぐ材に使用する2×2材、靴を載せる棚板材と靴が棚板から落ちないようにする縁板になります。
作り方は次の通りです。
1. 柱を4本作ります。切断長さ1,200㎜2本、1,100㎜2本。次に前後の柱、左右の柱をつなぐ材料を長さ200㎜4本、長さ長さ700㎜で10本切ります。2. 板は厚さ12㎜幅300㎜長さ700㎜で5枚用意します。靴を置く棚は前面に30度傾斜させて取り付けますので、板の前面に靴がすべり落ちないように厚さ12㎜幅30㎜長さ700㎜の平割り材を用意します。
3. 前後の柱を二組、間に長さ200㎜のつなぎ材を入れ1箇所当たり4本の半ネジ木ネジで結合します。木ネジは木材がしっかり結合できるように半ネジ木ネジを使用します。
4. 左右の柱の間に長さ700㎜のつなぎ材を入れて固定します。前の柱は床から50㎜の位置から250㎜ピッチで取り付けます。後ろの柱は床から150㎜の位置から250㎜ピッチで取り付けます。
5. 前後の700㎜のつなぎ材に、長さ700㎜の棚板を取り付け、前面に靴がすべり落ちないようにするために平割材を取り付けます。
後、好みの色に塗装して出来上がりです。
ラックが転倒しないようにするには、後ろ側の柱を壁に固定します。
マガジンラックも同様にしてできます。マガジンラックの場合傾斜をきつくしておくと本の表紙が見やすくなります。

簡単にラックが作れる材料と方法

ラックをDIYで作る方法として、ホームセンターに行くと平割り材に板を挟めるように溝が加工してある商品が販売されています。
板の厚みは25㎜、幅60㎜、溝の幅19㎜、溝のピッチ100㎜と150㎜の2種類。材料の長さは短いものから長いものまであります。
この材料を柱にして使用すると好みのラックを簡単に作ることができます。溝の幅が19㎜ですから、1×4材や1×6材、1×8材などと組み合わせ使用することができるので、棚の段数や棚の奥行きも自在に変更できます。柱と棚板の結合は、木ネジで結合できるように溝の位置に下穴も開けてあります。
例えばテレビラックを作る場合、台の高さを決めて4本の足を切り出します。作りたい幅の棚板を選んで、作る幅の長さに板を切断します。
テレビの下に新聞を置くなどのスペースを作りたい場合は、その段数分だけ板を増やします。柱に板を差込み両側から木ネジで結合するとできあがります。
木材の切断加工もホームセンターによっては有料で行ってくれる所もあります。材料の切断をしてもらうと、後は自宅でのドライバーを使用しての組立て作業だけになり非常に簡単にラックを作ることができます。

まとめ

DIYで使用目的に合ったラックを作ることができます。ホームセンターなどに行くといろいろな材料が販売されていますから、組立てを工夫すると簡単にいろいろなラックを作ることができます。
ラックを活用すると整理整頓がおしゃれにできます。

DIY

日曜大工人気の関連記事
  • DIYで手作りランドセルラックと犬小屋作り、小屋の作り方
  • DIYで作るラティスとDIYで作るロフトベッド!作り方をご紹介!
  • DIY
    DIYで活躍のルータとトリマー!違いと使用方法を紹介します!
  • DIYでフォトフレーム!フォトフレームの作り方を紹介します!
  • ドリル
    DIYで木材にネジ下穴!下穴の目的と開け方をご紹介します!
  • DIYで蜜蝋ワックスを塗装!特徴と使い方をご紹介します!
おすすめの記事
diy
日曜大工人気
木材を切ったりするのは大変。できればもっと簡単にDIYしたいという他人にお勧めが、すのこを使ったDIYです。すのこはお風呂で使うだけのイメー...